イオンカードディズニーデザインのメリットやポイント還元率まとめ!特典や優待も充実でおすすめ

イオンカードディズニーデザインは、イオンゴールドカードをディズニーデザインで発行できることが最大のメリットだ。イオンでポイント還元率1.0%やイオンで5%割引優待サービスなど、基本スペックはイオンカードと同じ。ディズニーデザインが好きな方に超おすすめなイオンカードだ。

1. イオンカードディズニーデザインのメリットまとめ

イオンカード(ディズニーデザイン)
JCB
18歳以上
(学生可能)
年会費無料
ポイント還元率0.5%~1.0%
年会費無料のゴールドカードを発行可能!
イオンカードディズニーデザイン

イオンカードディズニーデザインは、単にイオンカードのデザインがディズニーになっているだけのクレジットカード。

通常のイオンカードとの違いは「ディズニーデザインの国際ブランドはJCBのみ」という点くらいであり、基本スペックはイオンカードと同じ。

そのため、イオンカードディズニーデザインのメリットに関しても「イオングループでいつでもポイント2倍の特典」や「毎月20日と30日の5%割引優待デー」など、イオンカードと変わらない。

カード特典や優待サービスに大きな違いはないが、イオンカードディズニーデザインはイオンゴールドカードをディズニーデザインで発行できるという大きなメリットがある。

通常デザインのイオンカードでイオンゴールドカードを発行するとゴールドカードのデザインも通常デザインとなるため、イオンゴールドカードをディズニーデザインで発行できるのはイオンカードディズニーデザインならではのメリットだ。

1-1. ディズニーデザインでゴールドカードを作れる

イオンゴールドカードは招待のみで発行でき、「イオンカード」と「イオンカードセレクト」の会員だけが招待の対象。

実績に応じてイオンゴールドカードの招待が届く仕組みだが、その条件は直近年間のカード利用が100万円以上となっており、かなり条件は優しい。

  • 名称:イオンゴールドカード
  • 年会費:無料
  • 申込資格:招待のみ
  • 国内旅行保険:最高3,000万円
  • 海外旅行保険:最高5,000万円
  • ショッピング保険:年間300万円
  • イオンラウンジ:無料で利用可能
  • 空港ラウンジ:主要6空港12か所で利用可能

招待でゴールドカードを発行できるだけでも希少価値も含めてメリットが高いが、イオンゴールドカードは高額補償の保険やラウンジ特典などスペックが充実しており、しかも年会費は永年無料。

それをイオンカードディズニーデザインは「ディズニーデザイン」で発行できるので、ディズニーが好きでイオンカードを作りたい方はディズニーデザインを選ぶ方がメリットが圧倒的に高いだろう。

1-2. ポイント2倍の特典で高還元率

イオンカードディズニーデザインはディズニーデザインでイオンゴールドカードを発行できるという点以外は、通常のイオンカードとメリットが変わらない。

代表的なメリットの1つは、イオングループでいつでもポイント2倍の特典だ。

「イオン」や「マックスバリュー」などイオングループではいつでもポイントが2倍になるため、他店でイオンカードディズニーデザインを使うよりもポイントがお得。

イオングループでは200円のカード利用ごとに2PTを獲得できるため、ポイント還元率1.0%をずっとキープできるメリットがある。

1-3. 毎月開催される5%優待デーがお得

イオンは毎月の20日と30日にお客さま感謝デーという5%割引の優待デーが実施される。

割引率が5%と高いため、優待デーは現金ではなくイオンカードで買い物するほうがお得だ。

こちらもイオンカードの代表的なメリットなので覚えておこう。

1-4. 年会費無料でコスパ優秀

イオンカードは「いつでもポイント2倍の特典」や「5%割引の優待デー」以外にも、「イオン優待サイト」や「ときめきポイントTOWN(ポイント最大21倍)」など、メリットがたくさんある。

街中から通販サイトまで買い物がお得になる特典が満載なので、それを年会費無料で持てるのは非常にコスパがいい。

また、JCBがリリースしているディズニーカードは初年度年会費無料の2年目以降は2,000円の年会費がかかるため、「ディズニーデザイン」に重点を置いても本家よりコスパが良い。

1-5. JCB優待が豊富

通常のイオンカードはVISAやMaster Cardなど国際ブランドが豊富だが、ディズニーカードはJCBしか選べない。

それぞれの国際ブランドは加盟店数の違いによって海外における使い勝手でメリットが変わるのだが、国内においては優待特典以外に差がない。

各ブランドが提供している優待サービスを比較すると、JCBの優待ボリュームが圧倒的に多いため、JCBブランドしか選べないのはむしろイオンカードディズニーデザインのメリットと捉えてOKだ。

2. イオンカードディズニーデザインのポイント還元率まとめ

イオンカードディズニーデザインのポイント還元率は、通常デザインのイオンカードと全くおなじで0.5%~1.0%が常時還元率となる。

  • 名称:ときめきポイント
  • ポイント付与①:通常は200円毎に1PT
  • ポイント付与②:イオングループは200円毎に2PT
  • ポイント付与③:ときめきポイントTOWNは各ショップの倍率(2倍~最大21倍)
  • ポイント付与④:ときめきポイントクラブは各ショップの倍率(2倍~3倍)
  • 1PTの価値:約1円
  • ポイント還元率:約0.5%
  • ポイント有効期限:最大2年間

カード利用で貯まるポイントは、イオンのときめきポイントだ。

通常は200円毎に1PT付与のポイント還元率0.5%だが、イオングループでは200円毎に2PT付与の還元率1.0%にあがる。

イオンが運営するときめきポイントTOWNでは、ポイント還元率が最低1.0%になり、最大は21倍の10.5%まで還元率が跳ね上がる。

また、ときめきポイントクラブという特約店では、ポイント還元率が1.0%~1.5%。

イオンカードディズニーデザインのポイント還元率がお得になるシーンはたくさんあるため、高還元率カードとして使っていくことは十分に可能だ。

高還元率でポイントを貯める方法をまとめてみていこう。

2-1. イオングループでいつでもポイント還元率1.0%

最初に抑えておきたいのが、イオングループでいつでもポイント2倍の特典によってポイント還元率が1.0%になるお店のまとめだ。

  • イオン
  • ダイエー
  • マックスバリュー
  • ザビック
  • ピーコックストア
  • KASUMI
  • マルナカ
  • まいばすけっと
  • イオンモール
  • イオンリカー
  • ROU
  • 未来屋書店
  • 四六時中
  • イオンペット
  • タルボット
  • イオンボディ
  • ウエルシア薬局
  • 山陽マルナカ
  • イオンスタイル
  • グルメシティ
  • イオンスーパーセンター
  • アコレ
  • サンデー
  • KOHYO
  • ホームワイド
  • ミニストップ
  • イオンタウン
  • イオンバイク
  • スポーツオーソリティ
  • イオンコンパス
  • イオンシネマ
  • saQwa
  • ikka
  • ハックドラッグ
  • OPA

イオンカードディズニーデザインのポイント還元率がお得になるのはイオンだけではなく、上記すべてのイオングループはポイント2倍の特典が適用される。

これらすべてのお店でイオンカードディズニーデザインのポイント還元率が1.0%になるため、街中で買い物する際にイオングループをチェックしておけばずっと高還元率でポイントを獲得するのも難しくはない。

2-2. ときめきポイントTOWNは1.0%~10.5%の高還元率

ときめきポイントTOWN」はイオンが運営するポイントモールだが、こちらはイオンカードディズニーデザインのポイント還元率が最低1.0%。

  • Amazon:2倍(1.0%)
  • 楽天市場:2倍(1.0%)
  • Yahoo!ショッピング:2倍(1.0%)
  • DHCオンライン:6倍(3.0%)
  • ユニクロ:2倍(2.0%)
  • adidas:6倍(3.0%)
  • 伊勢丹:3倍(1.5%)
  • 小田急:3倍(1.5%)
  • 近鉄百貨店:5倍(2.5%)
  • マカフィー:21倍(10.5%)

ときめきポイントTOWNは「楽天市場」や「Amazon」など有名な通販サイトを使うことができ、その他もかなり多くのショップが参加していることから使い勝手は超優秀。

街中はイオングループでポイント還元率1.0%、ネットショッピングはときめきポイントTOWNで1.0%から10.5%の還元率でポイントを貯めていけば、イオンカードディズニーデザインのポイントを賢く貯められる。

ときめきポイントTOWNは高還元率なメリットがあるため、ネットショッピングの際にショップ検索しておくのがおすすめ。

2-3. ときめきポイントクラブは還元率1.0%~1.5%

ときめきポイントクラブは対象店舗でポイントがお得になる特約店のこと。

  • 日本航空(ネット):2倍(1.0%)
  • RHトラベラー(ネット):3倍(1.5%):
  • 近畿日本ツーリスト(ネット):2倍(1.0%)
  • サンエックスネットショップ(ネット):2倍(1.0%)
  • コスモ石油:2倍(1.0%)
  • ツヴァイ:2倍(1.0%)
  • アート引越センター:2倍(1.0%)
  • ワタミグループ:2倍(1.0%)
  • 神戸三宮センター街:2倍(1.0%)
  • タカキュー:2倍(1.0%)
  • ルネサンス:2倍(1.0%)
  • 得タク:3倍(1.5%)

こちらはそれほど店舗数が多くはないが、コスモ石油やワタミグループなど身近なお店もちらほらとある。

お店によって2倍から3倍でポイントを獲得できるので、ときめきポイントクラブでイオンカードディズニーデザインを使うとポイント還元率は1.0%~1.5%となる。

イオングループやときめきポイントTOWNと合わせて活用していこう。

3. ときめきポイントの使い道

基本的にイオンカードディズニーデザインのポイント還元率は、上記まとめで紹介したようにポイントUPの特典をフル活用することが大切だ。

また、それと同時にポイントの使い道によっても還元率が変わることを覚えておくと便利。

ときめきポイントは交換商品によって1PTの価値が若干異なるため、それによってポイント還元率もやや変わる。

平均すると「1PT=約1円」になるため、ポイントを使う際にそこまで神経質になる必要はないが、イオンカードディズニーデザインのポイント還元率で絶対に損したくないなら商品ごとに還元率を計算しておくのがおすすめだ。

3-1. ポイントの使い道は多い

ときめきポイントは商品交換やポイント移行など、使い道はかなり多い。

  • USJ:13,400PT
  • ツーリスト旅行券:1,000PT~
  • ワタミ食事券:1,500PT~
  • JCBギフトカード:1,000PT~
  • dポイント移行:1,000PT~
  • イオンシネマ:3,000PT~
  • WAON移行:1,000PT~
  • コーヒースタンド:4,000PT
  • グリルセット:12,000PT
  • カトラリーセット:1,000PT

ポイントを使う際に還元率を計算したいなら、「交換先の商品の価値」÷「必要なPT数」で1円の価値を計算すればOK。

1円の価値を算出できたら、それを「200円毎に1PT付与」や「200円毎に2PT付与」など、日々のカード利用でポイントを獲得しているPT付与にあてはめる。

「ワタミグループ食事券2,000円分」は「1,000ポイント」で交換可能、「ワタミグループ食事券2,000円分」÷「1,000ポイント」=「2円」。

このポイントの使い道では1PTが2円の価値、イオングループでカードを使う場合なら「200円毎に2PT付与」→「200円毎に4円還元」→「100円毎に2円還元」となり、イオンカードディズニーデザインのポイント還元率は2.0%だ。

イオングループ以外の「200円毎に1PT付与」でカードを使う場合なら、「200円毎に1PT付与」→「200円毎に2円還元」→「100円毎に1円還元」となり、ポイント還元率は1.0%だ。

3-2. ポイント還元率の上げ方まとめ

イオンカードディズニーデザインのポイント還元率を高めるには、ポイント2倍の特典やときめきポイントTOWNなど、通常よりもポイント付与率が高いところでカードを使うこと。

そして、ポイントの使い道で1ポイントの価値が高くなる商品を見極めておけば、絶対にイオンカードディズニーデザインのポイント還元率で失敗することはない。

4. イオンカードディズニーデザインの特典まとめ

イオンカードディズニーデザインの特典はたくさんあるが、それを大別してまとめると3つの特典がある。

  • イオンカードディズニーデザインの特典
  • イオンカードの特典
  • JCBブランドの特典

イオンカードディズニーデザインならではの特典となるのが、冒頭でも紹介した「イオンゴールドカードをディズニーデザインで発行できる」という内容のみ。

これが独自特典である理由は、イオンゴールドカードを発行するときに国際ブランドを変更できないため、これによって通常デザインでゴールドカードを発行する際にディズニーデザインへ切り替えることができないからだ。

4-1. イオンカードのブランドとデザイン

イオンカードのデザインとブランドの関係は以下のとおり。

  • VISA:通常デザイン
  • Master Card:通常デザイン
  • JCB:ディズニーデザイン

イオンカードは年会費無料のイオンゴールドカードを発行できることが大きなメリットなので、ディズニーデザインのイオンゴールドカードを作りたいなら通常のイオンカードをJCBブランドのディズニーデザインにしておこう。

5. イオンカードの特典まとめ

イオンカードディズニーデザインは通常デザインのイオンカードとスペックが同じなので、イオンカードの特典もすべて使える。

イオングループでポイントや割引を受けられる特典だけではなく、イオン優待サイトを使えば「カラオケ館30%割引」や「Relax5,000円割引」など様々なお店で優待サービスを使えるようになる。

また、イオンはトラベルサービスも充実しており、「国内海外のツアーパッケージ最大6%割引」や「スーツケースレンタル10%割引」など、旅行関連の優待サービスもかなり多い。

上記の特典まとめのようにイオンカードディズニーデザインは、日常生活から旅行まであらゆるシーンをお得に変えることができるため、カードを発行したら各優待特典をチェックしておくのがおすすめだ。

6. JCBの特典まとめ

JCBブランドが提供する特典だけでも相当なボリュームがある。

JCBカードの特典は「JCBマジカル・クリスマス時期のディズニーランドを完全貸切」が人気であり、これに注目する方は多い。

こうした特典は上記のJCBサイトで検索することができ、JCBマークのあるすべてのカードで使える特典や優待サービスだ。

JCB優待は日常生活で割引優待を受けられるお店が多く、さらに海外のホテルやレストランなどがお得になる優待も多い。

国内と海外に対して多くの優待特典を使えることが、JCBブランドのカードを持つメリットだ。

7. イオンカードディズニーデザインはおすすめ?

イオンカードディズニーデザインは、イオンカードを検討していてディズニーが好きという方におすすめなクレジットカード。

名前から推測できるようにイオングループを中心にクレジットカードを使うことでメリットが発揮されるため、日頃のショッピングでイオングループを利用することが多いなら最強カードだ。

また、クレジットカードのディズニーデザインはちらほらとあるのだが、カードスペックを総合的に見た場合にイオンカードディズニーデザインは使い勝手の良さにメリットを感じる。

何を軸に考えるのかにもよるが、個人的にはオフィシャルのディズニーカードよりもイオンカードディズニーデザインのほうがクレジットカードの性能は上だと思う。

超ハイクオリティなディズニーデザインを求める場合は本家のディズニーカード一択なのは間違いないが、年会費無料でディズニーデザインのゴールドカードを持てるのはイオンカードディズニーデザインならではのメリット。

8. まとめ

イオンカード(ディズニーデザイン)
JCB
18歳以上
(学生可能)
年会費無料
ポイント還元率0.5%~1.0%
年会費無料のゴールドカードを発行可能!
イオンカードディズニーデザイン

イオンカードディズニーデザインのメリットや特典を端的にまとめると、「高還元率で優待サービスが多い」といった感じだ。

何よりも魅力的なメリットはイオンゴールドカードをディズニーデザインで発行できることなので、ディズニーが好きな方におすすめ。

イオンカードディズニーデザインは、高校生を除く18歳以上なら誰でも申し込むことができる。

高校生に関しては卒業年度の1月1日以降なら申込可能なので、今年卒業する高校生の方ではじめてのクレジットカードを作るなら検討してみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク