アメリカン・エキスプレス・カードはコスパが一番のメリット!初めてアメックスを作る方におすすめ

アメリカン・エキスプレス・カードは「アメックスゴールド」とスペックに大差がなく、ポイント還元率も0.3%~10.0%と全く同じ。その上で、年会費が13,200円(税込)とアメックスプロパーカードの中で最も安くなっているため、コスパの良さが一番のメリットだ。

1. アメリカン・エキスプレス・カードのスペック

アメリカンエキスプレスカード
American Express
20歳以上
(学生不可)
年会費13,200円(税込)
ポイント還元率0.3%~10.0%
高級カードといえばアメックス!
アメリカンエキスプレスカード

アメリカン・エキスプレス・カードは、アメックスの中で最もスタンダードなクレジットカード。

アメックスは合計で13枚の個人向けカードをリリースしているが、その中でプロパーカードは「アメックスグリーン」・「アメックスゴールド」・「アメックスプラチナ」の3枚のみで、それ以外はすべて提携カード。

1-1. 基本スペック

内容
申込条件20歳以上で安定した収入のある方
年会費13,200円(税込)
家族カード年会費6,600円(税込)
国際ブランドAMERICAN EXPRESS
利用限度額上限なし
キャッシング限度額キャッシングはない
一括払い手数料無料
ボーナス払い手数料無料※支払月は8月か1月。
分割払い2回までは手数料無料、3回以降は実質年率14.9%
リボ払い14.9%
遅延損害金14.6%
ポイントプログラム名メンバーシップリワード
1PTの価値約0.3円~1.0円
ポイント還元率約0.3%~10.0%
ポイント付与100円で1PT
ポイント有効期限最大3年間※1度ポイントを交換すると無期限。
ETCカード年会費無料※発行手数料は935円(税込)
プラスEXカード年会費1,100円(税込)※JR東海エクスプレス予約サービスを利用可能となる。
Apple Pay利用可能
スマホアプリApp StoreとGoogle Playに有り※これはアメックス専用アプリ。
国内旅行保険最高5,000万円
海外旅行保険最高5,000万円
ショッピングプロテクション年間500万円
リターンプロテクション1商品につき最高3万円、年間15万円
不正プロテクション連絡日から60日前に遡ってそれ以降の損害を補償
オンラインプロテクションネット上の不正利用を補償

アメリカン・エキスプレス・カードの基本スペックは上記のとおり。

キャッシングはサービス自体がないので注意しよう。

1-2. 分割払いの手数料

アメリカン・エキスプレス・カードの分割払いは、2回目まで手数料無料。

3回目以降に実質年率14.9%で手数料が発生するため、毎回2回払いでカードを使っても手数料はかからない。

1-3. 国内旅行保険

保険の種類本会員と家族カード各会員の家族
傷害死亡・後遺障害最高5,000万円最高1,000万円

国内旅行保険は利用付帯で搭載されており、本会員と家族カードに適用され、さらにそれぞれの家族にも適用される。

各会員の家族にも最高1,000万円の補償がついているため、1家に1枚あれば家族全員の保険をカバーできる。

1-4. 海外旅行保険

保険の種類本会員と家族カード各会員の家族
傷害死亡・後遺障害最高5,000万円最高1,000万円
傷害治療費用最高100万円最高100万円
疾病治療費用最高100万円最高100万円
賠償責任最高3,000万円最高3,000万円
携行品損害1旅行中最高30万円、年間100万円1旅行中最高30万円、年間100万円
救援者費用最高200万円最高200万円

海外旅行保険は利用付帯で搭載されており、こちらも各会員の家族にも適用される。

「傷害死亡・後遺障害」以外の保険は、各会員の家族も会員と同等の金額を補償を受けられるのでお得だ。

1-5. 空港ラウンジ

空港名2名以降の料金
新千歳空港1,100円(税込)、13歳未満は無料
函館空港1,050円(税込)、3歳未満は無料
青森空港838円(税込)、小学生と中学生は419円(税込)、小学生未満は無料
秋田空港836円(税込)、中学生未満は無料
仙台空港1,100円(税込)、小学生以下は無料
羽田空港 第1ターミナル1,100円(税込)、4~12歳は550円(税込)
羽田空港 第2ターミナル1,100円(税込)、4~12歳は550円(税込)
羽田空港 国際ターミナル1,050円(税込)、4~12歳は530円(税込)
成田国際空港 第1ターミナル1,100円(税込)、4~12歳は550円(税込)
成田国際空港 第2ターミナル1,100円(税込)、4~12歳は550円(税込)
新潟空港1,100円(税込)、3歳未満は無料
富山空港1,048円(税込)、3~12歳は519円(税込)、3歳未満は無料
中部国際空港1,250円(税込)、13~17歳は630円(税込)、13歳未満は無料
小松空港1,100円(税込)、3~12歳は550円(税込)
伊丹空港1,253円(税込)、3~18歳は622円(税込)、3歳未満は無料
関西国際空港1,650円(税込)、7~16歳は825円(税込)、7歳未満は無料
神戸空港1,050円(税込)、3歳未満は無料
岡山空港1,100円(税込)、4~13歳は550円(税込)、4歳未満は無料
広島空港1,100円(税込)、12歳未満は無料
米子空港720円(税込)、3~12歳は360円(税込)、3歳未満は無料
山口宇部空港1,100円(税込)、3~12歳は550円(税込)、3歳未満は無料
高松空港1,100円(税込)、12歳未満は550円(税込)、3歳未満は無料
松山空港1,100円(税込)、3歳未満は無料
徳島空港1,018円(税込)、3~12歳は509円(税込)、3歳未満は無料
北九州空港880円(税込)、3~12歳は440円(税込)
福岡空港1,100円(税込)、3~12歳は550円(税込)
長崎空港1,100円(税込)、4~12歳は550円(税込)
大分空港1,100円(税込)、3~12歳は550円(税込)
熊本空港1,100円(税込)、3~13歳は660円(税込)、3歳未満は無料
鹿児島空港1,100円(税込)、3~12歳は550円(税込)
那覇空港1,100円(税込)、3~12歳は550円(税込)
ダニエル・K・イノウエ国際空港10~15ドル(約1,100円~1,500円)、4~12歳は6ドル(約660円)、3歳未満は無料

アメリカン・エキスプレス・カードは、上記の対象空港にあるラウンジを「本会員」と「同伴者1名」まで無料で利用できる。

ほぼ全国の空港が対象なので、実用性が高いのも嬉しいメリットだ。

1-6. プライオリティパス

スタンダード会員スタンダードプラス会員プレステージ会員
年会費99ドル(10,890円)299ドル(32,890円)429ドル(47,190円)
会員のラウンジ利用料金32ドル(3,520円)10回まで無料、その後は32ドル(3,520円)無料
同伴者のラウンジ利用料金32ドル(3,520円)32ドル(3,520円)32ドル(3,520円)

プライオリティパスは世界1,200ヶ所以上の空港ラウンジをお得に利用できる会員サービスのこと。

通常、プライオリティパス会員になるためには年会費がかかるが、アメリカン・エキスプレス・カードは「スタンダード会員」が無料付帯している。

そのため、「1ドル=110円」として99ドルは約10,890円、この金額が無料になるのでかなりお得。

1-7. 優待特典と付帯サービス一覧

サービス名内容
アメックストラベルオンラインポイントUPや優待割引
エクスペディア国内海外ホテル8%OFFなど優待割引
アップルワールド.com最安値からさらに5%OFFなど優待割引
一休.comアメックス会員限定プランがある
日本旅行特選の宿が5%OFFなど優待割引
H.I.S アメックストラベルデスク電話1本で予約可能
手荷物無料宅配サービス会員1名に付き1個まで無料※対象空港は、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港。
大型手荷物無料宅配優待特典会員1名に付きJALエービーシーの公示価格から1,000円割引※対象空港は、成田国際空港、羽田空港(国際ターミナル)、中部国際空港。
エアポート送迎サービス指定場所から空港までの送迎を割引※対象空港は、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港(国際線利用のみ)。
空港パーキング会員専用割引※対象空港は、成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、福岡空港。
無料ポーターサービス帰国時に専任スタッフが改札等まで荷物を運んでくれる※対象空港は、成田国際空港(第1ターミナル、第2ターミナル)、関西国際空港。
空港クロークサービス会員1名に付き2個まで無料※対象空港は、中部国際空港。
海外での日本語サービス24時間対応
海外用レンタル携帯電話レンタル料金が半額、通話料は10%OFF※対象空港は、成田国際空港、関西国際空港、羽田空港(国際線ターミナル)。
タイムズカーシェアリングタイムズカーシェアリング発行手数料の1,650円(税込)が無料
レンタカー5%OFF
コットンクラブ年4回アメックススポンサード公演があり、期間限定でポイントをコットンクラブの特別席に交換することも可能
新国立劇場ドリンク無料やオペラトーク無料などの会員特典
チケットアクセス会員限定で先行予約
ユニバーサル会員限定のツアーやプラン※パーティープランやユニバ貸切なども期間によっては開催される。
アメックスオンラインモール割引価格でショッピングできる

アメリカン・エキスプレス・カードは、優待特典が多い。

特に旅行関連はかなり強いので、うまく活用してお得に旅行へ出かけよう。

日常的にはアメックスオンラインモール(通販サイト)を使うと、割引価格でお得にショッピングできるのでおすすめ。

2. メリット

アメリカン・エキスプレス・カードはスペックと年会費から見るとコスパが優秀で、ここが一番のメリットだ。

アメックスの提携カードを作る場合は話が別だが、アメックスのプロパーカードを作りたい方はコスパの良さからアメリカン・エキスプレス・カードが作りやすい。

2-1. 年会費が安い

アメックスのプロパーカード(オリジナル)は合計3枚で、その中でアメリカン・エキスプレス・カードが最も年会費が安い。

  • アメックスグリーン:13,200円(税込)
  • アメックスゴールド:31,900円(税込)
  • アメックスプラチナ:143,000円(税込)

提携カードなら「ANAアメックス:7,700円(税込)」のように年会費が安いカードもあるが、上記のオリジナル以外でカードデザインが兵士デザインなのは「ザペニンシュラ東京アメックスゴールド:31,900円(税込)」のみ。

  • ANAアメックス:7,700円(税込)
  • ANAアメックスゴールド:34,100円(税込)
  • ANAアメックスプレミアム:165,000円(税込)
  • デルタスカイマイルアメックス:13,200円(税込)
  • デルタスカイマイルアメックスゴールド:28,600円(税込)
  • スターウッドプリファードゲストアメックス:34,100円(税込)
  • アメックススカイトラベラー:11,000円(税込)
  • アメックススカイトラベラープレミア:38,500円(税込)
  • ペルソナSTACIAアメックス:15,400円(税込)
  • ザペニンシュラ東京アメックスゴールド:31,900円(税込)

アメックスの提携カードのデザインを見てアメックスと分かる人はカードに詳しい人だけなので、アメックスのブランド力で優越感に浸りたい方はCM等でお馴染みの兵士デザインが描かれたオリジナルがおすすめ。

2-2. ポイント還元率が高い

アメリカン・エキスプレス・カードは、オリジナル3種の中でポイント還元率と年会費のコスパが最も優秀だ。

  • アメックスグリーン:0.3%~10.0%
  • アメックスゴールド:0.3%~10.0%
  • アメックスプラチナ:0.3%~10.0%

上記3種はメンバーシップリワードの内容が全く同じなので、ポイント還元率も全く同じ。

アメックスプラチナだけは「メンバーシップリワードプラス(年会費3,000円)」が無料付帯しているメリットがあるが、還元率は変わらない。

2-3. 空港ラウンジとプライオリティパスが使える

国内の空港は、国内28ヶ所と海外1ヵ所に対応している空港ラウンジを無料で利用できる。

これは本会員だけではなく「同伴者1名」も無料でラウンジを利用できるのでお得だ。

海外の空港は、プライオリティパスの「スタンダード会員(年会費99ドル)」が無料となり、無料で会員になれることで世界1,200ヶ所以上の空港ラウンジを1回32ドル(約3,500円)で利用できるようになる。

2-4. 充実した保険で安心

保険はかなり充実しており、他カードでは殆ど見かけない「リターンプロテクション」が付いているのもメリット。

  • 国内旅行保険:最高5,000万円
  • 海外旅行保険:最高5,000万円
  • ショッピングプロテクション:年間500万円
  • リターンプロテクション:年間15万円
  • 不正プロテクション:連絡日から60日前に遡ってそれ以降の損害を補償
  • オンラインプロテクション:ネット上の不正利用も補償

日頃のショッピングから旅行まで、安心してクレジットカードを使うことができる。

2-5. 優待特典が多い

アメリカン・エキスプレス・カードの優待特典は、上位カードの「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」とほぼ変わらない。

  • 家族カード1名分無料:家族カードの年会費が1名分だけ無料
  • プライオリティパス:年2回だけ32ドルが無料
  • American Express Invites:国内外400以上のレストランで優待割引
  • ゴールド・ダイニング by 接待日和:2名以上の予約で1名分が無料
  • 京都特別観光ラウンジ:高台寺塔頭圓徳院で会員専用のおもてなしがある
  • GOLDEN MOMENTS:イベント等が不定期に開催される
  • ゴールドワインクラブ:ギフトボックスが無料

上記のゴールド特典は使えないが、これ以外の特典はスペックのところで紹介した特典内容が共通となっている。

ポイント還元率が全く同じで優待特典もほぼ差がないため、初めてアメックスを作る方はアメリカン・エキスプレス・カードが最も選びやすいだろう。

3. まとめ

アメリカンエキスプレスカード
American Express
20歳以上
(学生不可)
年会費13,200円(税込)
ポイント還元率0.3%~10.0%
高級カードといえばアメックス!
アメリカンエキスプレスカード

アメリカン・エキスプレス・カードは上位の「アメックスゴールド」と「アメックスプラチナ」とポイント還元率が同じで、年会費の安さからもコスパに魅力を感じやすい。

また、優待特典も「アメックスゴールド」と殆ど変わらない。

さらなるアメックスのブランド力を求めるまでは、まずはアメリカン・エキスプレス・カードからスタートしてみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク