アメリカン・エキスプレス・プラチナカードの3大メリットはこれだ!優待特典もかなり豪華

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードは年会費が143,000円(税込)と高いだけに「相応したメリットがあるのか?」が気になるところ。基本的に「高級特典」や「お得な特典」がたくさん付いているので、特典一覧からするとコスパの安いプラチナカードだ。

1. アメックスプラチナの3大メリット

アメリカンエキスプレスプラチナカード
American Express
20歳以上
(学生不可)
年会費143,000円(税込)
ポイント還元率0.3%~10.0%
申込入会できる中で最高級のアメックス!
アメリカンエキスプレスプラチナカード

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードは、ブラックカードを除いて最高ランクのアメックスカードだ。

以前は(定期的に?)、インビテーションからのみ発行可能であったが、今は申し込みから作れるようになっている。

そのため、「アメリカン・エキスプレス・カード」や「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」で頑張って利用実績を積んでいる方は、インビテーションを狙うよりも申し込むほうが確実なのでおすすめだ。

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードは豪華な付帯サービスが多いだけにその数だけメリットがあると言えるが、その中でも注目しておきたいメリットを3つ見ていこう。

1-1. メタル製のカードを持てる

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードは「メタル製のカード」と「プラスチック製のカード」が2枚送られてくる。

外見もプラチナにふさわしいメタル製でカードを所持できるので、優越感がたまらない。

他のプラチナカードはメタル製が殆どなく、有名なのは「ラグジュアリーカード」くらいだ。

1-2. 家族カードの年会費が4枚まで無料

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードは、家族カードの年会費が4枚まで無料。

  • 1枚発行:143,000円÷2=71,500円
  • 2枚発行:143,000円÷3=47,666円
  • 3枚発行:143,000円÷4=35,750円
  • 4枚発行:143,000円÷5=28,600円

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードは年会費143,000円(税込)と高いが、家族カードを4枚まで無料で発行できるので、家族カードを発行するほどコスパが良くなる。

家族カードを4枚発行した場合、「本会員1人」+「家族カード4人」の合計5人で143,000円(税込)を割ると、1人あたりの年会費は28,600円(税込)とかなり安くなる。

ちなみに「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」の年会費は31,900円(税込)なので、これを1人で所有するよりもアメリカン・エキスプレス・プラチナカード1枚を家族5人で所有するほうが年会費が安い。

1-3. ブラックカードの招待を狙える

アメックスは「センチュリオン」というブラックカードがある。

このセンチュリオンはインビテーションのみでの発行で、申し込みから作ることができない。

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードを持つと利用実績でブラックカードのインビテーションを狙えるため、幻のブラックカードを所持できるチャンスを持てるのも魅力的なメリットだ。

2. 優待特典一覧

サービス名内容
アメックス・グローバル・ラウンジ・コレクション世界130ヶ国500空港1,200ヶ所以上のラウンジを利用可能
ファイン・ホテル・アンド・リゾート世界1,000ヶ所以上のホテルやリゾート施設で優待サービス
2for1 ダイニングby接待日和国内外200店舗以上で2名以上の予約で1名無料
ハーツレンタカーファイブスターステータスを無条件で取得可能
ホテルメンバーシップ高級ホテルの上級メンバーシップやVIPプログラムに無条件で登録可能
トラベルクーポンアメックストラベルオンラインで10万円以上使うと、30,000円分のクーポンプレゼント※入会特典
フリーステイギフト毎年カードを更新すると国内ホテルの無料宿泊券プレゼント
Fine Dining 50人気レストランを年間50店舗アメックスが貸切
スポーツクラブアクセス入会金や保証金の優待特典
手荷物無料宅配サービス(空港)スーツケース2個まで無料※対象空港は、羽田空港、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港。
プラチナカードアシスト海外日本語サービスが24時間365日
プラチナコンシェルジュデスクレストラン等の予約を無料代行してくれる
メンバーシップリワードプラス年会費3,000円(税込)が無料付帯

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードの優待特典は上記のとおり。

これ以外にも、下位カードの「アメリカン・エキスプレス・カード」や「アメリカン・エキスプレス・ゴールカード」の共通特典(アメックストラベルオンラインなど)はすべて利用可能なので、トータル的にはかなりのボリュームがある。

素敵な特典がたくさんあるが、「さすがにプラチナカードだ!」を実感しやすい特典を4つ見ていこう。

2-1. アメックス・グローバル・ラウンジ・コレクション

アメックス・グローバル・ラウンジ・コレクションというのは、いろんな空港ラウンジサービスがセットになっている特典。

  • センチュリオンラウンジ:同伴者2名まで無料
  • インターナショナル・アメックスラウンジ:同伴者1名まで無料
  • ジャパンドメスティックエアポートラウンジ:同伴者1名まで無料
  • デルタスカイクラブ:2名まで29ドル
  • エアスペース:2名まで無料
  • エスケープラウンジUS:同伴者2名まで無料
  • プラザ・プレミアムエアポートラウンジ:同伴者1名まで無料
  • プライオリティパス:同伴者1名まで無料
  • ルフトハンザラウンジ:同伴者は有料

この特典の凄いところはサービスの多さだ。

プラチナカードは空港ラウンジが付いているのが常識(相場)で、多くのカードは「国内空港ラウンジ」+「プライオリティパス」が付いている。

しかし、アメリカン・エキスプレス・プラチナカードは「センチュリオンラウンジ」や「デルタスカイクラブ」など様々な空港ラウンジサービスが使えるため、本当に世界のほぼすべての空港に対応できるだろう。

プライオリティパスだけでも対応空港が多いので、世界を飛び回る人にとってはかなり便利だ。

2-2. ファイン・ホテル・アンド・リゾート

ファイン・ホテル・アンド・リゾートは「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」と「ザホテルコレクション」の2つのプログラムがある。

  • 12:00チェックイン
  • お部屋のアップグレード
  • 2名まで朝食サービス
  • チェックアウト時間の延長(16:00時まで)
  • Wi-Fi無料
  • 100ドル相当のオリジナル特典
  • 利用代金から100ドル相当OFF

2つのプログラムは対象施設が異なり、対象施設によって上記のいずれかの特典が利用可能。

「パークハイアットニューヨーク」や「フォーシーズンズホテル丸の内」など、世界の高級ホテルがたくさん対象になっている。

施設によっては3泊目や4泊目の宿泊料金が無料になるなど、全体的にかなりお得な特典。

2-3. ホテルメンバーシップ

ホテルメンバーシップは、対象ホテルの上級会員に無条件で登録できるという特典だ。

  • ヒルトン・オナーズのゴールド会員
  • Radisson RewardsのGoldエリートステータス
  • シャングリ・ラ・ゴールデンサークルのジェイド会員
  • Marriott Bonvoyのゴールドエリート

高級ホテルの上級会員になるためには、通常は「登録料が必要」や「年間の宿泊回数をクリア」といった条件がある。

これが、アメリカン・エキスプレス・プラチナカードなら無条件で上級会員になれるというVIP待遇。

2-4. メンバーシップリワードプラス

メンバーシップリワードプラスは、通常のポイントプログラムに比べて「ポイント交換レートUPの商品が増える」と「100円で3PT付与のお店が増える」というお得なポイントプログラム。

通常、メンバーシップリワードプラスは年会費3,000円(税込)必要だが、アメリカン・エキスプレス・プラチナカードは無料。

ちなみにアメリカン・エキスプレス・プラチナカードのポイント還元率は「アメリカン・エキスプレス・カード」と「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」と同じで0.3%~10.0%だが、メンバーシップリワードプラスを無料で使えるだけお得であることは間違いない。

3. まとめ

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードは最高級カードで、さらに所持者が少ないことから幻と言われる「センチュリオン」を狙うことも可能。

豊富な優待特典からメリットはたくさんあるが、逆に最大のデメリットは審査。

申し込みから作ることができるが、下位カードで実績を積んでインビテーションを狙うほうが合格の可能性は高い。

もし、「審査に自信がない」や「審査に落ちてしまった」という方は、下位カードで利用実績を積んでインビテーションを目指してみよう。

スポンサードリンク