クレジットカード申し込みの注意点は2つだけ

クレジットカード申し込みの注意点

クレジットカード申し込みでは、「虚偽情報の提出」と「複数社への同時申し込み」の2つを注意点として覚えておこう。審査合格を目指す上でどちらも重要なポイントになるので、正しい知識を身に着けておきたいところだ。

1. 虚偽情報は必ずバレる

クレジットカードの申し込みは必ず身分証明書が必要となる。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 保険証
  • 住民票
  • 個人番号カード(マイナンバー)

上記のような書類を使うのが一般的だが、基本的に氏名や住所を確認できる書類なら何でもいい。

カード会社によっては申し込みを行う時点では身分証明書が不要となるケースもあるが、その場合はカードの発送を「本人限定受取郵便」にされるのでどちらにしても身分証明書が必要だ。

1-1. 嘘を付いても良い項目とダメな項目

クレジットカードの申し込みでは様々な項目に必要事項を記載する必要があるが、その項目は「任意項目」と「必須項目」に分かれる。

「任意項目」というのは事実確認ができない内容や審査に大きな影響がでない項目が設定されている為、任意項目は現実的な範囲においてある程度は見栄を張ることができる。

例:銀行口座の預金残高という項目において、実際は50万円だが100万円と記載するなど。カード会社は申込者の預金座高を調べることはできない。

「必須項目」というのは事実確認ができる内容や審査に大きな影響がでる項目が設定される為、嘘を付いてもバレてしまう。

例:氏名や住所は身分証明書で確認できる、他社借入は信用機関で確認できる、年収は所得証明書で確認できる、勤務先は所得証明書や在籍確認で確認できるなど。

1-2. 年収と他社借入の書き方

一般的にクレジットカードの申し込みで嘘を付きたいのは

  • 年収
  • 他社借入

ではないだろうか?

審査における年収というのは仕事からの収入が対象となるので、宝くじ等の収入は影響がない。あくまでも「所得証明書」や「確定申告書」で判断できる年収が対象となるので、見栄を張っても意味がない。

例:1億円を拾ったとしてそれを審査に影響させたいなら、1億円の預金があることをカード会社に証明する必要がある。

審査における他社借入というのは住宅ローンやキャッシングなど、今の時点で契約をしているローンを指す。これは嘘を付いても信用機関で事実確認ができるので、見栄を張っても仕方がない。

例:キャッシングで100万円の借金があるのに他社借入0円で申し込みをしても、CIC(指定信用情報機関)やJICC(日本信用情報機構)で100万円の借金があることが分かってしまう。

1-3. 在籍確認は気にしなくていい

クレジットカードの申し込みでは、在籍確認が気になる方が多いと思う。

在籍確認とは、申込時に提出した勤務先情報が正しいかどうかを確認する為の作業だ。申込後から数日以内に勤め先に電話が掛かってくる、あるいは勤務先情報が記載されている所得証明書で在籍確認を行うカード会社もある。

在籍確認は必ず実施されるわけではなく、申込者やカード会社によって違いがある。また、基本的に在籍確認を行っている会社においても、申込者によっては実施されないケースもある。

もし、勤務先に在籍確認の電話が掛かってきたら

「こちら○○と申しますが、○○さんでしょうか?」

「はい。私が○○です。」

「どうも先日は○○の申し込みありがとうございました。在籍確認のためにお電話させて頂きました。もうしばらく審査結果をお待ちください。」

という流れになる。

基本的に上記のような内容以外に話を突っ込まれることはないので、それほど心配する必要はないだろう。

2. 複数社への同時申し込みは注意が必要

クレジットカードは一斉に複数のカード会社へ申し込みをすると、その状況によってはすべての申し込みにおいて不合格になってしまう。

A社とB社へ申し込みたい場合、A社の審査結果が出てからB社へ申し込むのが理想だ。

何社までなら同時に申し込めるのか?その線引きは明確に決まっておらず、他社借入や年収などによる個人差も大きい。

2-1. 同時申し込みで不合格になる理由

カード会社にとって最大のリスクは貸し倒れだ。

10社や20社とたくさんのカードへ申し込みをしている人に対して合格を出すことは、各社にとって貸し倒れのリスクが非常に高くなる。そのリスクを背負ってまでカードを発行する必要がない、というのが同時申し込みで不合格になる理由だ。

どんなカード会社へ申し込みをしても、クレジットカードへ申し込みをした履歴は信用機関に残る。また、その記録は6ヶ月間保存され続けるため、むやみに複数のクレジットカードへ申し込むのは避ける方が良いだろう。

まとめ

クレジットカードの申し込みは「見栄を張らずに正しい情報から1社ずつ申し込むこと」、この注意点に気を付けておけば初歩的なミスで不合格になることもない。

魅力的なクレジットカードでは、嘘を付いて合格率を高めたくなることがある。しかし、嘘を付いてもバレてしまうので、1社ずつ正攻法で申し込むのが最も早いことを覚えておこう。

スポンサードリンク