【2019年】学生専用クレジットカードおすすめランキングTOP13!

このランキングでは、定番な学生専用クレジットカードのおすすめを13枚紹介している。いずれも有名なカード会社からリリースされているが、申し込みの傾向から圧倒的に人気が高いのは「三井住友VISAデビュープラスカード」だ。

1. 学生専用クレジットカードとは?

学生専用クレジットカードとは、学生だけが申し込むことができるクレジットカードのこと。

  • 限度額が10万円前後と低い
  • 審査に合格しやすい
  • 学生優遇の特典が付いている

一般的にいわれる学生クレジットカードとは「学生専用クレジットカード」のことを指す。

通常のクレジットカードに比べると学生専用クレジットカードは限度額が10万円前後となっており、これによって学生でも審査に合格しやすくなっているのが特徴だ。

また、「在学中は年会費無料」や「ポイント2倍」など、学生限定の特典が付いているカードを選べることが最大のメリット。

2. 学生専用クレジットカードおすすめランキング

学生専用クレジットカードは、三井住友VISAカードが圧倒的な人気を誇っている。

  • 1位:デビュープラスカード
  • 2位:クラシックカード
  • 3位:アミティエカード

数種類のラインナップの中でも「三井住友VISAデビュープラスカード」は、最も人気な学生専用クレジットカードだ。

1位. 三井住友VISAデビュープラスカード

デビュープラスカード
デビュープラスカード
VISA
18歳~25歳まで
(学生専用あり)
初年度年会費無料
(通常、税込1,375円)
年1回利用で次年度無料
ポイント還元率1.0%~2.5%
満26歳でプライムゴールドカードへ自動切替!
デビュープラスカード

デビュープラスカードは学生専用クレジットカードの代名詞になるほど有名。

「在学中は年会費無料」と「いつでもポイント2倍」の特典が付いており、学生は年会費無料の高還元率カードとして使えることから非常にメリットが高い。

また、卒業後は「三井住友VISAプライムゴールド」へ自動的に切り替えることができ、さらに三井住友VISAプライムゴールドから「三井住友VISAゴールドカード」へ自動更新できるのも魅力だ。

☆おすすめのポイント

デビュープラスカードは常にポイント2倍の学生限定特典が備わっているため、どこでカードを使っても1.0%以上でポイントを獲得できる高還元率カード。

  • 在学中は年会費無料
  • ポイント還元率が常時1.0%
  • ポイントUPモール最大20倍
  • 満26歳でプライムゴールド入手
  • 満30歳でゴールドカード入手

ポイントUPモールは最大20倍でポイントを獲得できるため、ネットショッピングに強いことも魅力だ。

2位. 三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA

三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA
VISA
18歳以上
(学生専用あり)
初年度年会費無料
(通常、税込1,375円)
年会費特典で翌年度も無料
ポイント還元率0.5%
国内海外の旅行保険が魅力!
三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA

三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードAは、充実した付帯保険が魅力。

高額補償の旅行保険が備わっているため、ワーキングホリデーや留学の予定がある学生さんにおすすめ。

付保証明書も発行できるため、入国審査で保険が問われる場合の対応策にもなる。

☆おすすめのポイント

年会費無料で旅行保険が充実しているのが魅力だが、ポイント還元率もネットショッピングでは1.0%以上になる。

  • 在学中は年会費無料
  • 国内旅行保険が最大2,000万円
  • 海外旅行保険が最大2,500万円
  • 付保証明書も発行可能
  • ポイントUPモール最大20倍

「ポイントUPモール」は三井住友VISAが運営しており、「Amazon」や「楽天市場」など人気ショップが多数用意されている。

3位. 三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISAアミティエカード
VISA
18歳以上
(学生専用あり)
初年度年会費無料
(通常、税込1,375円)
年会費特典で翌年度も無料
ポイント還元率0.5%
国内海外の旅行保険が魅力!
三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISAアミティエカードも高額補償の付帯保険が魅力。

デザインからも分かるとおり、女性におすすめ学生専用クレジットカードだ。

☆おすすめのポイント

留学やワーホで旅行保険を活用するなら、こちらも付保証明書を発行可能。

  • 在学中は年会費無料
  • 国内旅行保険が最大2,000万円
  • 海外旅行保険が最大2,500万円
  • 携帯料金の支払いはポイント2倍
  • ポイントUPモール最大20倍

携帯料金のカード払いはポイント2倍の1.0%、ネットショッピングは「ポイントUPモール」で1.0%以上となる。

4位. Initial(イニシャル)

Initial(イニシャル)
VISA
Master Card
JCB
18歳~29歳
(学生専用あり)
初年度年会費無料
(通常、税込1,375円)
WEB明細利用と年20万円の利用で翌年度も無料
ポイント還元率0.5%
MUFGゴールドへ自動切替できる!
Initial(イニシャル)

Initial(イニシャル)は、三菱UFJニコスのクレジットカード。

カード発行から5年後の更新時に「MUFGカードゴールド」へ自動切替できる。

☆おすすめのポイント

入会後の3ヶ月間はポイント3倍の特典が付いており、毎月のショッピング合計額に応じて獲得ポイントを増やすこともできる。

  • 在学中は年会費無料
  • 入会後3ヶ月はポイント3倍
  • 月間の利用額に応じてポイントUP
  • 海外旅行保険が最大2,000万円
  • 5年後の更新時にゴールドカード入手

海外旅行保険が備わっているので、こちらも保険目的で検討しやすい。

5位. MUFGカード・イニシャルアメックス

MUFGカード・イニシャルアメックス
American Express
18歳~29歳
(学生専用あり)
初年度年会費無料
(通常、税込1,375円)
WEB明細の利用と年20万円の利用で翌年度も無料
ポイント還元率0.5%
MUFGゴールドへ自動切替できる!
MUFGカード・イニシャルアメックス

MUFGカード・イニシャルアメックスは、上記のイニシャルのアメックス版。

基本スペックはほぼ同じで、こちらは自動的に「MUFGカードゴールド・アメックス」を入手可能。

☆おすすめのポイント

イニシャルと違う特典は、入会から4ヶ月目以降はずっと海外ショッピングのポイントが2倍になること。

  • 在学中は年会費無料
  • 入会後3ヶ月はポイント3倍
  • 月間の利用額に応じてポイントUP
  • 入会4ヶ月目以降は海外ポイント2倍
  • 海外旅行保険が最大2,000万円

「アメリカンエキスプレスコネクト」というアメックス特典を使えるため、アメックスに憧れる学生さんにおすすめ。

6位. MUFGカード スマート

MUFGカード スマート
VISA
Master Card
JCB
American Express
18歳以上
(学生専用あり)
初年度年会費無料
(通常、税込1,100円)
年10万円の利用で翌年度も無料
ポイント還元率0.4%
特定加盟店でポイント2倍!
MUFGカード スマート

MUFGカード スマートは学生優遇の特典はないが、23歳以下は無条件で年会費無料となっている。

特徴はキャッシュバックシステムが搭載されていること。

☆おすすめのポイント

ポイント還元率は0.4%と低いが、1,000円毎に1PTを獲得したポイントを4円の価値としてキャッシュバックを受けられる。

  • 23歳以下は年会費無料
  • キャッシュバック搭載
  • 特定加盟店はポイント2倍
  • 入会後3ヶ月はポイント2倍
  • アメックスは海外ポイント2倍

その他は、ポイントUP系の特典が付いており、アメックスブランドで発行すると海外のポイントが2倍になる。

7位. MUFGカード(ディズニーデザイン)

MUFGカード ディズニーデザイン
JCB
18歳以上
(学生専用あり)
初年度年会費無料
(通常、税込1,375円)
楽Payの利用で年会費半額
ポイント還元率0.5%
入会後3ヶ月はポイント3倍!
MUFGカード ディズニーデザイン

MUFGカード(ディズニーデザイン)は、学生限定特典として在学中は年会費無料。

デザインが最大の特徴だが、ディズニー特典はない。

☆おすすめのポイント

海外旅行保険が付いているため、保険目的でも選びやすい。

  • 在学中は年会費無料
  • 入会後3ヶ月はポイント3倍
  • 月間の利用額に応じてポイントUP
  • 海外旅行保険が最大2,000万円
  • ディズニーデザインが可愛い

その他、入会後3ヶ月間のポイントUPなどがある。

8位. MEITETSU u’s card

MEITETSU u's Card
VISA
Master Card
18歳以上
(学生専用あり)
初年度年会費無料
(通常、税込1,375円)
年5万円の利用で翌年度も無料
ポイント還元率0.5%~1.0%
名鉄百貨店でポイント2倍や5%~10%OFFなど!
MEITETSU u's Card

MEITETSU u’s cardも三菱UFJニコスのカードで、学生専用クレジットカードが用意されている。

ただし、学生優遇の特典はなく、年会費も社会人と同じ。

☆おすすめのポイント

基本的に名鉄百貨店など名鉄グループがお得になるカード。

  • 年5万円の利用で翌年度も無料
  • 名鉄百貨店が5%~10%割引
  • 名鉄百貨店でポイント還元率1.0%
  • ETCや名鉄グループでもポイント2倍
  • ミューズクラブオフの優待特典つき

昭和シェルやETCの利用でもポイントが2倍になるなど、全体的に特典ボリュームが多い。

9位. 楽天カードアカデミー

楽天カードアカデミー
VISA
JCB
18歳から28歳
(学生専用)
年会費無料
ポイント還元率1.0%~3.0%
楽天サービスの一部でこのカード限定で還元率UP!
楽天カードアカデミー

楽天カードアカデミーは、学生専用の楽天カードだ。

通常の楽天カードと殆どスペックは同じだが、一部の楽天サービスで少しだけポイントがお得になる。

☆おすすめのポイント

通常の楽天カードに比べて、こちらのカードは「楽天ブックス」と「楽天トラベル」でポイントが少しお得。

  • 年会費はずっと無料
  • 楽天市場ポイント3倍
  • 楽天ブックスポイント5倍
  • 楽天トラベルポイント3倍
  • 楽天ブックスダウンロードポイント3倍

ちなみに通常の楽天カードは学生も申込可能なので、デザインやブランドにこだわりたいなら通常の楽天カードのほうが選択肢が多くておすすめだ。

また、通常の楽天カードを選ぶ場合に「他のクレジットカードはどうなの?」と疑問が湧くと思うが、そんな学生さんは以下の記事も合わせて参考にしてみてはいかがだろうか。

11位. ライフカード

ライフカード
ライフカード
VISA
Master Card
JCB
18歳以上
(学生専用あり)
年会費無料
ポイント還元率0.5%
初年度はポイント1.5倍、誕生月は3倍!
ライフカード

ライフカードの学生専用は「海外旅行傷害保険」や「学生専用お問合せ窓口」など、学生のためのサービスが用意されている。

海外ショッピングは5%キャッシュバックもあるため、海外用のクレジットカードが欲しい学生さんにおすすめだ。

☆おすすめのポイント

国内旅行保険は付帯されていない。

  • 年会費無料
  • 海外ショッピングは5%バック
  • 海外旅行保険が最高2,000万円
  • 学生専用お問合せ窓口
  • 初年度ポイント1.5倍

ポイント還元率は「L-MALL」というライフカードのショッピングモールで1.0%以上。

12位. ANAカード(学生専用)

ANAカード(学生専用)
VISA
Master Card
JCB
18歳以上
(学生専用)
年会費1,242円(税込)
(在学中無料)
ポイント還元率0.5%~1.0%
ボーナスマイルなど学生優遇が素敵!
ANAカード(学生専用)

ANAカード(学生専用)は、在学中ずっと年会費無料だ。

プレミアムポイントという特典があるが、そのボーナスが学生優遇でプラスαとなっている。

☆おすすめのポイント

ANAカードは「マイル」と「ポイント」のどちらかのコースを選択できるため、ポイントコースを選べば通常のクレジットカードと同じようにポイントを貯められる。

  • 在学中は年会費無料
  • マイルとポイントのコース選択可能
  • プレミアムポイントが学生優遇
  • 国内旅行保険が最大1,000万円
  • 海外旅行保険が最大1,000万円

「空港名税店」や「パッケージツアー」など、優待価格で購入できる商品やお店が多い。

13位. JALカードnavi

JALカードnavi
VISA
Master Card
JCB
18歳以上30歳未満
(学生専用)
年会費無料
(卒業後は一般カードに切替で税込2,200円)
ポイント還元率1.0%
ショッピングマイル2倍や減額マイルなど学生優遇が素敵!
JALカードnavi

JALカードnaviは学生専用のJALカードで、こちらも在学中は年会費無料。

JALカードはポイント還元率が2倍になる「ショッピングマイルプレミアム・年間3,240円」というサービスがあるが、JALカードnaviは学生限定の特典としてこれが無料付帯されている。

☆おすすめのポイント

国内旅行保険は最大1,000万円、海外旅行保険は最大2,000万円で付いている。

  • 在学中は年会費無料
  • ショッピングマイルプレミアム無料付帯
  • 在学中はマイルの有効期限なし
  • マイルを使うときに消費が通常の半分
  • 優待サービスが非常に多い

JALカードnaviは学生専用クレジットカードの中で最も学生優遇特典が多い。

一番最後に紹介しているので「人気ないのか・・?」と思われるかもしれないが、学生さんがJALマイルを貯めるのであればJALカードnaviを超えるカードはない。

3. 学生のための豆知識

学生専用クレジットカードを作る学生さんの多くは、人生で初めてクレジットカードを作る方が殆どだと思う。

  1. カードを選ぶ
  2. 申し込む
  3. 審査がスタート
  4. 審査結果が通知される
  5. 合格ならカードが郵送される
  6. 不合格ならその時点で終了

カード発行までの手順は上記の通り簡単だ。

ポイントになるのは「審査」だが、これは申込時に氏名等の情報を間違えない限りは基本的に合格できる。

審査に落ちるケースは「返済能力」と「信用情報」のどちらかに問題がある場合が殆ど。

返済能力に関しては、バイトをしているほど合格率が高いが親の仕送りだけで生計を立てている場合でも合格できるケースが多いため、審査に落ちる学生さんはキャッシング等からすでに何かしらの負債を抱えている場合が多い。

信用情報に関しては、すでに負債を抱えている場合にその契約情報が信用機関に登録されていることから審査落ちするか、あるいはクレジットカードの申込履歴は6ヶ月間保存されるため、短期間で複数のクレジットカードへ申し込んだ場合に落ちることが多い。

まとめると、「申込時に情報を間違えない」+「借金がない」+「複数のクレジットカードへ一斉に申し込まない」という条件なら、バイトをしていない学生さんでも合格できる可能性は高いし、バイトをしている学生さんならさらに合格率は高い。

3-1. 「学生」とは誰を指す?

学生専用クレジットカードの学生とは、高校生を除く18歳以上の学生を指す。

  • 大学
  • 短大
  • 専門学校
  • 大学院
  • 高専の4年生と5年生

クレジットカードは18歳以上から作ることができ、これは学生専用クレジットカードも同じだ。

学生専用クレジットカードは18歳以上の「大学生、短大生、専門学生、大学院生、高専の4年生と5年生」が対象となっており、簡単にいうと18歳以上で学生証を提示できればOKだ。

高校生はクレジットカードを作れないが、高校を卒業する年度の1月1日以降であれば「イオンカード」のみ申込可能。

今のところはイオンカードだけだが、今後は他にも18歳以上の高校生が作れるカードが増えてくるかもしれない。

3-2. 学生として認められないケース

学生というのは様々な立場があるが、一部の学生は「学生」として認められないことがある。

  • 研究生
  • 聴講生
  • 科目履修生
  • 語学学校生
  • 予備学校生
  • 認可校以外の専門学生

学生クレジットカードの定番な「デビュープラスカード」の場合、上記は学生として申し込むことができない。

カードによって細かい学生の定義は様々なので、申し込みの際に「入会対象者」や「申込資格」をチェックしておこう。

3-3. 学生専用クレジットカードのメリットは何?

学戦専用クレジットカードのメリットは主に2つ。

  • 審査に合格しやすい
  • 学生限定の特典がある

学生限定特典はカードによって有無が異なるため、すべての学生専用クレジットカードに共通するメリットは審査に合格しやすいことだ。

3-4. 学生専用クレジットカードは本当に合格しやすい?

学生専用クレジットカードは、すべてのクレジットカードの中で最も審査に合格しやすいことは間違いない。

  • 学生専用カード:限度額10万円前後
  • 社会人用カード:限度額10万円~100万円前後

合格しやすい理由は限度額が低く設定されているからだ。

そもそも、学生が合格できるかどうか微妙な基準なのであれば、学生を対象にしないだろう。

3-5. 審査に合格するコツは?

基本的に学生専用クレジットカードは審査に落ちるケースのほうが少ないと思うが、それでも合格率を高めたいなら以下を抑えておこう。

  • 複数枚のカードへ同時に申し込まないこと
  • 申し込みで入力情報を間違えないこと
  • キャッシングを外すこと
  • 在籍確認用にバイトをしておくこと
  • クレジットカードへ申し込む前にカードローン等の金融商品を利用しないこと

カードによってはアルバイトは必須ではないが、合格率を高めたいならアルバイトや派遣で勤務先を持っておくほうが良い。

また、これは生活費を稼ぐという意味でも収入源を確保しておくことは大切だ。

3-6. 申し込みに必要な書類は?

学生専用クレジットカードの申し込みに必要な書類は身分証明書だ。

  • 学生証
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 住民票
  • 健康保険証
  • 個人番号カード
  • 公共料金の領収書
  • 納税証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 在留カード(外国人の方)

自分が在籍している学校の「学生証」を身分証明書として使おう。

どの身分証明書を利用しても構わないケースもあるが、基本的に学生であることを証明するためには「学生証が必要」という点は覚えておきたい。

3-7. 基本的に収入証明書は不要

収入証明書は原則不要だが、審査の仮定で提出を指示されることもある。

例えば、2枚目のクレジットカードを作る場合やキャッシングを希望する場合などに提出を指示されることがあるが、こうしたケースは収入証明書を求められる以前に審査に落ちることが多い。

学生にとって収入証明書はアルバイトや派遣などの給与明細となるため、クレジットカードへ申し込むタイミングに合わせて毎月の給与明細を保管しておけば対応できる。

アフィリエイトや投資などで稼いでいる学生さんは、毎年の確定申告書が収入証明書となる。

4. まとめ

学生専用クレジットカードは、初めてクレジットカードへ申し込む学生さんでも審査に合格しやすいことからおすすめしやすい。

また、学生限定特典が付いていると、学生にとってそのカードを作るメリットが高くなる。

限度額が10万円前後と低く設定されているため、使い過ぎることがなくて安心できるのも利点だ。

スポンサードリンク