デビットカードの解約方法と3つの注意点

デビットカード解約方法

デビットカードは借金を持つことがない為、好きなタイミングで解約すればOKだ。あとは、ポイント消費や年会費の引き落としなどに気を付けておけば、特に失敗することもないだろう。

1. デビットカードの解約方法

デビットカードの解約は

  • WEBで手続きをする
  • 店頭で手続きをする

のどちらかで行うのが一般的だ。

デビットカードはクレジットカードのように後払いができるカードではないので、どのタイミングで解約しても借金が残ることがない。好きな時に解約しよう。

1-1. WEBで解約するのがオススメ

デビットカードの解約は何も難しくない。

契約しているカード会社のホームページにアクセスして、そこから解約の項目を探して手続きを進めるだけだ。

解約する時は身分証明書や所得証明書は不要なので、そのまま指示に従って手続きを進めるだけで解約できる。

1-2. ログインできない・・・

公式サイトからデビットカードを解約できない場合、大抵は公式サイトにログインできないことが原因だろう。解約の手続き自体は特にやるべきことがないので、手続きの進行で躓くことはまずない。

公式サイトへログインできない場合、登録に使ったメールアドレスが分かればパスワードを再発行できる。メールアドレスが分からない場合は新規登録する方が早いかもしれない。

1-3. カードを処分する時は二つに切ること

多少の誤差はあるが、解約の申請をした時点でデビットカードを使えなくなると思っておこう。

カードを処分する時は必ずハサミで真っ二つに切ることを覚えておきたい。そのままの状態でカードを捨てると、解約の処理が終わっていない状態で他人にカードを拾われると不正使用されてしまう可能性があるので注意が必要だ。

2. デビットカード解約の3つの注意点

デビットカードの解約方法
デビットカードを解約するにあたり

  • ポイントを使い切る
  • 年会費の引き落とし前に解約する
  • ○○一体型は新しいカードが必要

の3つに注意をしておこう。

2-1. 日頃からポイント管理しておこう

いざポイントを使おうと思っても、切り良くポイントを消費できないことは良くある。

「そろそろ解約するかな・・・」というタイミングがやってきても、目的の商品に交換できるまでデビットカードを使うのも1つの手だ。

ポイント移行やキャッシュバックのカードは無駄なくポイントを使いやすいが、商品交換系のポイントプログラムは前もってポイント調整しておく方が損することが少ない。

2-2. 年会費の引き落とし日はいつ?

楽天ゴールドデビットカードなど年会費が発生するカードの場合、必ず年会費が引き落とされる前に解約申請をしよう。

年会費の引き落としが近づくとカード会社からメールで連絡が来るので、しっかりと引き落とし日を確認してその日までに解約することが肝心だ。

2-3. ○○一体型デビットカードの解約方法

○○一体型のデビットカードの殆どはキャッシュカード一体型だが、このタイプのデビットカードを解約する時は「解約=切り替え」となる。

デビットカードを解約すると共にキャッシュカードを発行してもらうことになるので、各社の指示に従って切り替えを進めよう。

ちなみにデビットカードを新規発行する時は強制的に申込先の銀行で預金口座を開設することになるが、解約の場合は預金口座は残る。

デビットカードを解約してもそのまま口座を使っていくことができるので、今後もその銀行を利用するかどうかなど口座の運用方法も考えておこう。

スポンサードリンク