【2021年】年会費無料デビットカードおすすめランキングTOP28!


このランキングは、都市銀行とネット銀行と信託銀行の全種デビットカードの中から年会費無料のデビットカードだけをピックアップして、おすすめの順番でランキング紹介している。

目次

1. 年会費無料デビットカードがおすすめな銀行の種類

(最終更新:2021年9月10日)

デビットカードは銀行口座とセットになっているため、年会費無料のデビットカードは「どの銀行がおすすめなのか?」という選び方でもある。

  • 都市銀行
  • ネット銀行
  • 信託銀行
  • 地方銀行
  • 第2地方銀行
  • その他銀行(免許一覧では埼玉りそな銀行のみ)

銀行種別では、申込みの傾向から「都市銀行」と「ネット銀行」のデビットカードが一番人気。

地方銀行と第2地方銀行はその地域に住んでいる人を対象に口座開設が可能となっているため、ここが都市銀行やネット銀行と大きく異なる点。

このページでは、「都市銀行」・「ネット銀行」・「信託銀行」に絞って年会費無料のデビットカードを紹介していくので、参考になれば幸いだ。

2. 年会費無料デビットカードの選び方

年会費無料デビットカードはポイント還元率で選ぶのが一番おすすめで、「年会費無料」+「高還元率」はコスパに魅力を感じやすい。

  • ポイント還元率
  • 旅行保険の有無
  • 国際ブランド(VISAかJCBかMastercard)

そのほか、海外旅行や学生留学等の目的で旅行保険付帯の年会費無料デビットカードはおすすめだし、国際ブランドで選ぶならまだまだ数が少ないMaster Cardが人気。

3. 国際ブランドの違い

ブランドデビットは「VISA」と「JCB」と「Mastercard」の3種、ノンブランドは「J-Debit」だ。

J-Debitは国際ブランド未付帯なので、海外やネットショッピングで使うことができない。

加盟店を探すだけでも苦労するし、ブランドデビットが増えている今の状況では実用性が皆無に等しい。

国際ブランドの違いは、主に「加盟店の数(実用性が変わる)」と「国際ブランドの優待特典」の2つ。

国内は各ブランドの加盟店数に大差がないので気にしなくても良いが、海外用として検討する場合は「VISA」か「Master Card」が世界的に加盟店が多いのでおすすめだ。

ただし、海外旅行保険を目的とする場合でも、実際に海外でカードを使わないのであればブランドはJCBでもOK。

これは旅行保険が利用付帯で搭載されている場合の話だが、保険を適用させるために旅行関連代金をカードで支払うのは国内にいる時だからだ。

4. 【1位~10位】TOP10が圧倒的に人気でおすすめ!

年会費無料のデビットカードは「楽天銀行デビットカード(JCB)」や「楽天銀行デビットカード(Master Card)」など、楽天銀行が圧倒的に人気。

クレジットカードのポイント還元率は0.5%が平均とされているが、それと比較しても差がないことからデビットカードでも十分にメリットを感じられるのが人気の理由。

1位. 楽天銀行デビットカード(JCB)

楽天銀行デビットカード(JCB)
楽天デビットカードJCB
JCB
16歳以上
年会費無料
ポイント還元率1.0%~2.0%
楽天銀行

楽天銀行デビットカード(JCB)は年会費永年無料。

利用シーンを問わずに常時1.0%の還元率をキープでき、楽天市場では2.0%で楽天ポイントを貯められる。

常時1.0%の最低還元率は「楽天カード(クレジットカード)」と同じ水準なので、楽天カードを作りたいけど作れないという人にはとくにおすすめ。

2位. 楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)

楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)
VISA
16歳以上
年会費無料
ポイント還元率1.0%~2.0%
楽天銀行

楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)は、年会費永年無料でポイント還元率は1.0%。

また、すべての楽天銀行デビットカードは還元率が統一されており、楽天市場において「デビット利用分1.0%」+「楽天市場利用分1.0%」も共通している。

3位. 楽天銀行デビットカード(Master Card)

楽天銀行デビットカード(Master Card)
Master Card
16歳以上
年会費無料
ポイント還元率1.0%~2.0%
楽天銀行

JCBとVISAに次いでリリースされたのが、こちらのMaster Card。

スペックはJCBとVISAと同じなので、ブランドの好みで選ぶことができる。

4位. ミライノデビットMastercard

ミライノデビットMaster Card
Master Card
15歳以上
年会費無料
ポイント還元率0.8%
住信SBIネット銀行

こちらは2019年11月にリリースされたMaster Cardブランドのデビットカード。

年会費無料、Master Card、ポイント還元率0.8%など、魅力が多い。

5位. イオン銀行キャッシュ+デビット

イオン銀行キャッシュ+デビット
JCB
15歳以上
(中学生不可)
年会費無料
ポイント還元率0.5%~1.0%
イオン銀行

イオン銀行キャッシュ+デビットは、イオンカードセレクト(クレジットカード)のスペックが継承されている。

「イオングループでいつでもときめきポイント2倍」や「お客さま感謝デー5%OFF」など、完全にイオン特化なスペックだ。

イオン独自の電子マネーWAONも搭載されており、イオン銀行を給与振込口座にすると毎月10WAONがもらえる。

毎月の20日と30日に確定開催される5%OFFイベントだけでもメリットが高く、イオンでよく買い物するかたにおすすめな年会費永年無料デビットカードだ。

6位. Visaデビット付キャッシュカード

Visaデビット付キャッシュカード
VISA
15歳以上
年会費無料
ポイント還元率0.6%~1.5%
GMOあおぞらネット銀行

こちらはGMOあおぞらネット銀行のデビットカードで、当銀行で口座開設するだけでキャッシュカードにこのデビットカードが自動付帯されるという珍しい仕様。

新たにステージ制が導入されたことで、還元率は最大1.5%まで高められるようになった。

7位. セブン銀行デビット付きキャッシュカード

セブン銀行デビット付きキャッシュカード
JCB
16歳以上
年会費無料
ポイント還元率0.5%~1.0%
セブン銀行

セブン銀行デビットカードはセブンイレブンで1.5%の還元率が魅力的だったが、改定によって1.0%になってしまった。

しかし、それでも年会費無料デビットカードの中では高還元率。

また、コンビニ系ではファミデビが人気だったが、こちらは2019年5月で新規申込が停止されてしまった。

そのため、ローソン銀行からデビットカードがリリースされない限りは、大手コンビニ3社の中ではセブンイレブンしかデビットカードがない。

8位. ミライノデビットVisa

ミライノデビットVisa
VISAデビット付キャッシュカード
VISA
15歳以上
年会費無料
ポイント還元率0.6%
住信SBIネット銀行

こちらは住信SBIネット銀行のデビットカード。

年会費無料でポイント還元率0.6%と上々なスペックだが、当銀行から「ミライノデビットMastercard(0.8%)」がリリースされ、ミライノデビットVisaのほうがやや還元率が劣る。

還元率以外のスペックはまったく同じなため、個人的におすすめなのはミライノデビットMastercard。

9位. Sony Bank WALLET

Sony Bank WALLET
ソニー銀行デビットカード
VISA
15歳以上
(中学生可能)
年会費無料
ポイント還元率0.5%~2.0%
ソニー銀行

Sony Bank WALLETはPlaystation Storeで2.0%のポイント還元率になり、ソニーストアでは3%割引の特典がある。

日常使いでも年会費無料かつ0.5%のポイント還元率があるし、トータルスペックはとても優秀。

最大限にメリットを得やすいのはプレステユーザーなので、とくにPlaystationが好きなかたにおすすめしたい。

10位. リクルートポイント付きVisaデビットカード

リクルートポイント付きVisaデビットカード
リクルートポイント付VISAデビット
VISA
15歳以上
(中学生不可)
年会費無料
ポイント還元率0.8%
スルガ銀行リクルート支店

リクルートポイント付きVisaデビットカードはスルガ銀行リクルート支店のデビットカードで、こちらも年会費はずっと無料だ。

このデビットカードはリクルートポイントが搭載されており、高還元率で有名なリクルートカード(クレジットカード)とポイントシステムが同じ。

常時0.8%で貯まるリクルートポイントは等価値でPontaポイントやdポイントへ移行可能、さらにポンパレモール等でそのまま使うこともできるし、実用性の高さも魅力的なポイントプログラム。

5. 【11位~20位】TOP10よりインパクトが薄い

11位からはTOP10の年会費無料デビットカードに比べると、インパクトが薄くなってくる。

「旅行保険を重視する」や「使いたい銀行が決まっている」といった場合は候補となるが、それ以外においてはTOP10の年会費無料デビットカードのほうが選びやすい。

11位. りそなデビットカードJMB

りそなデビットカードJMB
VISA
15歳以上
(中学生可能)
初年度年会費無料
(通常、税込1,100円)
年1回の利用で翌年度も無料
ポイント還元率0.5%~1.0%
りそな銀行

りそなデビットカードJMBはりそな銀行のデビットカードで、2年目の年会費は前年度に1回の利用で無料となる。

また、25歳以下は無条件で年会費永久無料だ。

ポイントプログラムは「JALマイル」が搭載されており、200円毎に1マイルの0.5%、JAL航空券を購入する場合は200円毎に2マイルの1.0%と高還元率になる。

12位. りそなデビットカード

りそなデビットカード
りそなデビットカード
VISA
15歳以上
(中学生可能)
年会費無料
ポイント還元率0.5%
りそな銀行

こちらもりそな銀行のデビットカード。

0.5%のポイント還元率は平均的な数字だが、年会費無料で作れるのでクレジットカードの代用としては十分なスペック。

13位. イオンデビットカードVISA

イオンデビットカードVISA
イオンデビットカードVISA
VISA
18歳以上
(高校生不可)
年会費無料
ポイント還元率0.5%~1.0%
イオン銀行

イオンデビットカードVISAは、18歳以上が申し込める審査ありのデビットカード。

審査がある理由は「10万円まで立て替え」という珍しいシステムが搭載されているからだ。

基本スペックは「イオングループでいつでもときめきポイント2倍」や「お客さま感謝デーで5%OFF」などイオンカードのスペックが継承されているが、どうしてもクレジットカードを作りたくないという場合を除けば立て替えが必要ならクレジットカードを作る方が有意義だろう。

クレジットカードを作れないかたで立て替えがあると便利に感じる人のためのデビットカードだ。

14位. デビットTカードスルガバンク

デビットTカードスルガバンク
デビットTカードスルガバンク
VISA
15歳以上
(中学生不可)
年会費無料
ポイント還元率0.5%
スルガ銀行Tポイント支店

デビットTカードスルガバンクはTポイントを貯めることができる。

ファミデビの新規申込が停止されたため、ネット銀行や都市銀行では唯一直接Tポイントを貯められるデビットカードとなった。

15位. JNB Visaデビットカード

JNB Visaデビットカード
VISA
15歳以上
年会費無料
ポイント還元率0.2%
PayPay銀行

こちらはPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)のデビットカード。

還元率は低いものの、PayPay銀行に興味を持ってその流れで作る人が多そうだ。

大人気だった「ファミデビ」がいつ復活するのか分からないが、それまでの繋ぎとして活用する人もいそうだ。

16位. Financial Pass Visa デビットカード

Financial Pass Visa デビットカード
ANA Financial Passデビット
VISA
15歳以上
(中学生不可)
年会費無料
ポイント還元率0.3~0.8%
スルガ銀行ANA支店

Financial Pass Visa デビットカードは、ANA支店で15歳以上のかたが口座開設した際に自動的に発行されるキャッシュカード一体型のデビットカード。

ポイントプログラムはANAマイルが搭載されているが、○○円でANAマイル付与というシステムではなく、年間の利用額が100万円以上で3,000マイルプレゼント、200万円以上で8,000マイルプレゼントとなっている。

ANAマイルをGETするための難易度が高いが、国内と海外の旅行保険が付いているため、保険目的で作るかたのほうが多いかもしれない。

17位. あおぞらキャッシュカード・プラス

あおぞらキャッシュカード・プラス
あおぞらキャッシュカードプラス
VISA
15歳以上
年会費無料
ポイント還元率0.25%~1.0%
あおぞら銀行

あおぞらキャッシュカード・プラスは半年間の利用額に応じて年2回、0.25%~1.0%でキャッシュバックを受けることができる。

1.0%を実現するためには半年で60万円を使う必要があるため、基本的に0.25%から0.5%くらいが目安となる。

還元率以外には優待特典が豊富なこともメリットで、年会費無料で持てることを考えれば全体的に魅力は大きい。

18位. SMBCデビット

SMBCデビット
SMBCデビット
VISA
15歳以上
(中学生不可)
年会費無料
ポイント還元率0.25%~0.5%
三井住友銀行

SMBCデビットは「SMBCポイント・0.5%」と「キャッシュバック・0.25%」を選ぶことができる。

いくつかのデザインが用意されているため、デザインで年会費無料のデビットカードを選びたいかたにもおすすめ。

19位. 三菱UFJ-JCBデビット

三菱UFJ-JCBデビット
三菱東京UFJデビットカード
JCB
15歳以上
(中学生不可)
年会費無料
ポイント還元率0.2%
(2020年9月1日までの入会は従来どおりに0.3~0.5%のOkiDokiポイント)
三菱東京UFJ銀行

こちらは改定によって2020年9月2日以降はポイントプログラムがキャッシュバックとなり、還元率は0.2%の固定となる。

2020年9月1日までにカードを作った人はOkiDokiポイントを0.3~0.5%で貯められるため、2020年9月2日以降に申し込む人にとってはややメリットが下がった印象。

ただし、旅行保険が国内海外を対象に最大3,000万円で付帯しているため、旅行保険が欲しい人におすすめしやすい。

20位. 三菱UFJ-VISAデビット

三菱UFJ-VISAデビット
三菱東京UFJデビットカード
VISA
15歳以上
(中学生不可)
年会費無料
ポイント還元率0.2%
三菱東京UFJ銀行

こちらは還元率が改定されて0.2%の固定となったため、ポイントにこだわる人にとっては残念な改定だ。

しかし、無条件で年会費無料となったのは大きなメリット。

6. 【21位~28位】作る目的がはっきりしていなければおすすめしずらい

21位から29位はポイント還元率の低いカードが多い。

そのため、旅行保険など還元率以外にメリットを感じるかたにおすすめだ。

21位. みずほJCBデビット

みずほJCBデビット
みずほJCBデビット
JCB
15歳以上
(中学生不可)
年会費1,100円(税込)
(年1回利用で無料)
ポイント還元率0.2%
みずほ銀行

みずほJCBデビットは0.2%固定のキャッシュバック搭載だ。

還元率は低いが国内外の旅行保険が最高3,000万円で付帯されており、しかも年会費無料の条件も年1回の利用と優しいのが魅力的

22位. SURUGA Visa デビットカード

SURUGA Visa デビットカード
SURUGA Visaデビットカード
VISA
15歳以上
(中学生不可)
年会費無料
ポイント還元率0.2%
スルガ銀行

スルガ銀行は各支店によってスペックの異なるデビットカードリリースされており、独自デビットカードがない支店で発行されるのがこちらのSURUGA Visa デビットカードだ。

ポイントプログラムは0.2%固定の還元率によるキャッシュバックなので、高還元率のデビットカードに比べると魅力は低い。

23位. World Cabit

World Cabit
VISA
15歳以上
(中学生不可)
年会費無料
ポイント還元率0.2%
スルガ銀行Dバンク支店

World Cabitはスルガ銀行Dバンク支店とH.I.Sの提携デビットカードだが、旅行関連を含めてオリジナル特典はない。

スペックはSURUGA Visa デビットカードと同じ。

24位. Travel Cash

Travel Cash
VISA
15歳以上
(中学生不可)
年会費無料
ポイント還元率0.2%
スルガ銀行Dバンク支店

Travel Cashはスルガ銀行Dバンク支店と近畿日本ツーリストの提携デビットカードだが、こちらもオリジナル特典はない。

スペックはSURUGA Visa デビットカードと同じだ。

25位. じぶん銀行スマホデビット

じぶん銀行スマホデビット
JCB
16歳以上
年会費無料
ポイントプログラムなし
じぶん銀行

じぶん銀行スマホデビットは2019年4月にリリースされたデビットカード。

年会費は完全無料だが、ポイントプログラムが未搭載なので選びずらい。

ただし、毎月現金が当たる抽選が開催されるので、ここで大きな金額を当てることができると還元最強になり得る。

26位. ANAマイレージクラブ/Sony Bank WALLET

ANAマイレージクラブ/Sony Bank WALLET
VISA
15歳以上
(中学生可)
年会費無料
ポイント還元率0.5%
ソニー銀行

ANAマイレージクラブ/Sony Bank WALLETは、国内のショッピングを対象に0.5%でANAマイルを貯められる。

海外では、対象通貨で決済する際に海外手数料が無料となる。

国内利用でもANAマイルが貯まるメリットがあるのだが、マイルは海外ショッピングは対象外となっており、最大のメリットが海外手数料無料という点からも海外志向のかたにおすすめなデビットカード。

27位. GLOBAL PASS

GLOBAL PASS®
VISA
18歳以上
年会費無料
ポイント還元率0.25%~1.5%
SMBC信託銀行

GLOBAL PASSは海外で対象通貨決済を行う際の手数料が無料となる。

キャッシュバックは海外利用だけが対象となっており、こちらも完全に海外特化のデビットカードだ。

28位. ANAマイレージ GLOBAL PASS

ANAマイレージ GLOBAL PASS
VISA
18歳以上
年会費無料
ポイント還元率0.01%~0.15%
SMBC信託銀行

ANAマイレージ GLOBAL PASSは、上記のGLOBAL PASSとスペックが同じでポイントプログラムがANAマイルになっているだけ。

ただし、こちらも海外利用だけがマイル付与の対象となっている。

マイル付与は1万円あたりに1マイル付与と低還元率なので、最大のメリットは対象通貨決済の手数料無料だ。

海外でカード決済する頻度が高いなら手数料無料分の恩恵が非常に大きいのでお得だが、国内メインでカードを使うかたにはおすすめできない。

7. まとめ

すべてのデビットカードの中でも年会費無料はもっとも売れている。

しかも、年会費無料かつ高還元率が圧倒的な人気を誇っているので、迷ったときは参考にしながら検討してみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク