京都銀行が京銀JCBデビットをリリース!メリットやデメリットはどんな感じ?

京都銀行からついに京銀JCBデビットがリリースされた。スペックについては他のJCBデビットと差異はないが、京都の特徴でもある「和」を感じるデザインが特徴的であり、何よりも京都銀行ユーザーにとっては嬉しい朗報だ。

1. 京銀JCBデビットのスペック

京銀JCBデビット
京銀JCBデビット
JCB
15歳以上
(中学生不可)
初年度年会費無料
(通常、税込1,375円)
ポイント還元率0.3~0.5%
京都銀行

京銀JCBデビットはスタンダードなスペックだ。

  • 国内旅行傷害保険:最大3,000万円
  • 海外旅行傷害保険:最大3,000万円
  • ショッピングガード保険:購入日から90日間、年間最高100万円

スペックの注目点はポイントと保険だ。

ポイントはokidokiポイントで還元率は0.3%~0.5%。これは平均的な還元率なのだが、保険が充実しているだけに選択の余地を見出しやすい。

クレジットカードを作れない層からすると、保険目的で京銀JCBデビットを作るのも大いにアリだろう。

その他、京都らしい和を感じるデザインも京銀JCBデビットならではのメリットだ。

1-1. 次年度年会費を無料にする方法

京銀JCBデビットは初年度だけ年会費が無料、次年度は以下のいずれかを満たすことで年会費を無料にできる。

  • 毎月のケータイ代をカード払い
  • 年間12万円以上つかう
  • 22歳以下

どれも優しい条件なので、永久に年会費無料で使うことも可能だろう。

「12万円」÷「12ヶ月」=「1万円」、月々1万円を使えば年会費は無料だ。

コンビニの買物など微々たる金額でもカード払いすることを意識しておこう。

2. 京銀JCBデビットのメリット

京銀JCBデビットのメリットは、京都銀行でJCBデビットカードを持てるようになったことに尽きる。

  • 還元率が最低水準ではない
  • 保険が充実している
  • 京都らしいデザインに愛着が湧く
  • okidokiランドなど、JCBのサービスが使える

みなさんが最も注目するのは還元率だと思うので、還元率を高める方法を見ていこう。

2-1. okidokiポイントってなに?

okidokiポイントはJCBの独自ポイントプログラムだ。

1,000円の買物に対して1PTが付与されるが、1PTの価値は統一されていない。交換商品によって還元率が異なるので、平均すると0.3%~0.5%ほどになる。

2-2. ネットショッピングはokidokiランドを使おう!

ネットで買い物するときに「OkiDokiランド」を利用すれば、ポイント還元率が高くなる。

これはクレジットカードもそうだが、ポイントモールは絶対に使った方が良い。

3. 京銀JCBデビットのデメリット

京銀JCBデビットのデメリットは、基本的に「地方銀行のデビットカードってどうなの?」という点に着地する。

デビットカードは銀行口座がセットになっているので、ここがクレジットカードとは大きく異なる点だ。

つまり、還元率の高いデビットカードを作って京都銀行から引き落とすことができないため、「京都銀行を継続して利用したいかどうか?」によっても判断が変わってくるわけだ。

3-1. 京都銀行ユーザーにおすすめ!

特に理由はないけれど、「京都銀行が好きなんだ!」という方はおられると思う。

そんな方にとっては、今まで京都銀行にブランドデビットがなかった状況からも、ついに京銀JCBデビットがリリースされたというのは嬉しい朗報だ。

これは「現金」VS「JCBカード」でメリットが分かるわけだが、保険も含めてキャッシュレスの方がメリットは感じやすいだろう。

3-2. 還元率重視の方に地銀のデビットカードは向かない・・・

デビットカードは還元率を重視するとネット銀行一択となる。

当サイトでも、申し込みが一番多いのはネット銀行、その中でも楽天銀行デビットカードJCBが最も売れている。

楽天銀行デビットカードJCBが売れている理由は単純で、「年会費無料」+「還元率1.0%~2.0%」だからだ。

3-3. 銀行を引っ越すのが面倒な方に最適

私は数枚のデビットカードを持っているが、結局はみずほJCBデビットの利用頻度が最も高い。

還元率だけでいうと楽天銀行JCBデビットカードを使うのが最もお得なのだが、みずほ銀行の預金を楽天銀行へ送金する作業が面倒で仕方ない・・・。

しかし、みずほJCBデビットを使っている感想としては「還元0.2%・・・あってないようなものだな・・・。」というのが本音だ。

デビットカードは銀行の選び方や使い方も含めて検討していくのがベストだろうと思う。

4. 年会費無料を狙うことだけは忘れないように!

京都銀行ユーザーでカードを持っていない人は、これを機に京銀JCBデビットを作っておけばキャッシュレス生活をスタートできるようになる。

気軽なスタンスで京銀JCBデビットを作る場合、次年度以降の年会費を無料にすることは少なからず意識しておこう。

京銀JCBデビットは「22歳以下は無条件で年会費無料」となるので、22歳からはクレジットカードへステップアップするというのもアリだろう。

デビットカード選びというのは個々に様々な考え方があるが、何はともあれ京都銀行ユーザーにとっては嬉しいサービスの幕開けだ。

スポンサードリンク