ミライノデビットMaster Cardのメリットまとめ!ポイント還元率が高くておすすめ

2019年4月1日から、日本で初となる「Master Card」ブランドのデビットカードが住信SBIネット銀行からリリースされた。「ミライノデビット(Master Card):0.8%」と「ミライノデビットPLATINUM(Master Card):1.0%」の2種類があり、どちらもポイント還元率の高さがメリットだ。

1. 初のMaster Cardブランドのデビットカード登場!

住信SBIネット銀行から初のMaster Cardブランドのデビットカードがリリースされた。

  • ミライノデビット(Master Card)
  • ミライノデビットPLATINUM(Master Card)

過去には東京スター銀行にMaster Cardのデビットカードがあったようだが、すでに廃止されている。

今まで日本国内のデビットカードは「VISA」か「JCB」しかなかったが、これからは「Master Card」を選択することができる。

リリースされたのは「ミライノデビット(Master Card)」と「ミライノデビットPLATINUM(Master Card)」の2種類。

デビットカードのプラチナカードは「タカシマヤプラチナデビット」しかなかったが、新たに「ミライノデビットPLATINUM(Master Card)」が増えたのは嬉しい状況だ。

今回のリリースはいろんな意味でデビット活性化に繋がりそうで、キャッシュレス化の良い後押しになりそうだ。

2. ミライノデビット(Master Card)

ミライノデビット
Master Card
15歳以上
年会費無料
ポイント還元率0.8%
住信SBIネット銀行

ミライノデビット(Master Card)は2種類あるが、こちらの一般カードは年会費無料。

15歳以上から持てるため、高校生なら「日本で唯一のMaster Card作ったよ!」という話題作りになる。

余談だが、インスタなどで券面画像をアップするときはカード番号を伏せるようにしよう。

2-1. スペック

名称ミライノデビット(Master Card)
申込年齢15歳以上の個人、日本国内に登記している法人
年会費無料
カード有効期限7年間
決済口座円普通預金か外貨普通預金(どちらも住信SBIネット銀行)
初回発行手数料無料、切り替え時も無料
再発行手数料無料~1,080円(不具合の状況で異なる)
外貨決済時の手数料2.50%(年30回までポイントバック)
利用限度額変更1回は0~200万円、1日は0~200万円、1ヶ月は0~1,000万円
海外ATM引き出し額変更1回は0~10万円、1日は0~100万円、1ヶ月は0~300万円
利用可能時間24時間365日(メンテナンスを除く)
ポイント名スマプロポイント
ポイント付与月間合計1,000円毎に8PT
1PTの価値ポイントの使い道で異なる
ポイントの使い道現金交換は1PT=1円(0.8%)、JALマイル移行は100PT=40マイル(0.32%)
ポイント還元率0.8%(現金交換時)
ポイント有効期限ポイント付与月の翌々年度の3月末
盗難紛失補償個人は年間100万円、法人は年間1,000万円
電子マネーMaster Cardコンタクトレス
付帯保険なし

一般カードは付帯保険がない。

電子マネーは「Master Cardコンタクトレス」が使える。

その他、スペックで注目しておきたいのはポイント還元率が0.8%な点だ。

この還元率はすべてのデビットカードの中で高還元率な部類となるため、住信SBIネット銀行ユーザーにとっては超朗報だ。

住信SBIネット銀行には「Visaデビット(還元率0.6%)」がすでにあるが、これからは「ミライノデビット(Master Card)」のほうが人気が高まりそうだ。

3. ミライノデビットPLATINUM(Master Card)

ミライノデビットPLATINUM
Master Card
15歳以上
年会費10,800円
ポイント還元率1.0%
住信SBIネット銀行

ミライノデビットPLATINUM(Master Card)は、年会費10,000円(税抜)。

他社のゴールドやプラチナのデビットカードは、年会費相場が10,000円~20,000円ほど。

相場どおりの年会費といった感じだ。

3-1. スペック

名称ミライノデビットPLATINUM(Master Card)
申込年齢15歳以上の個人、日本国内に登記している法人
年会費10,000円(税抜)、口座から引き落とし
カード有効期限7年間
決済口座円普通預金か外貨普通預金(どちらも住信SBIネット銀行)
初回発行手数料無料、切り替え時も無料
再発行手数料無料~1,080円(不具合の状況で異なる)
外貨決済時の手数料2.50%(年30回までポイントバック)
利用限度額変更1回は0~200万円、1日は0~200万円、1ヶ月は0~1,000万円
海外ATM引き出し額変更1回は0~10万円、1日は0~100万円、1ヶ月は0~300万円
利用可能時間24時間365日(メンテナンスを除く)
ポイント名スマプロポイント
ポイント付与月間合計1,000円毎に10PT
1PTの価値ポイントの使い道で異なる
ポイントの使い道現金交換は1PT=1円(1.0%)、JALマイル移行は100PT=40マイル(0.4%)
ポイント還元率1.0%(現金交換時)
ポイント有効期限ポイント付与月の翌々年度の3月末
盗難紛失補償個人は年間100万円、法人は年間1,000万円
電子マネーMaster Cardコンタクトレス
付帯保険ショッピングガード最高100万円、国内旅行保険最高1億円、海外旅行保険最高1億円

ミライノデビットPLATINUM(Master Card)は、ショッピング保険と旅行保険が備わっている。

また、プラチナ特典として「空港ラウンジ」や「接待日和(Master Card優待特典)」があるので、全体的にボリューミーなスペックだ。

こちらも最大の注目点はポイント還元率であり、クレジットカードの平均とされる0.5%の2倍もある1.0%を常時キープ可能。

3-2. 海外旅行保険

補償内容本会員(家族)
死亡・後遺障害保険金最高1億円(家族1,000万円)
傷害治療保険金最高1,000万円(家族500万円)
疾病治療保険金最高700万円(家族350万円)
賠償責任保険金最高1億円(家族5,000万円)
携行品損害保険金最高100万円(家族50万円)
救援者費用保険金/保険期間中最高500万円(家族250万円)

海外旅行保険は最高1億円が用意されている。

各補償額が良いのか悪いのか分かりずらいと思うが、クレジットカードの「ゴールド」や「プラチナ」と同水準だ。

ゴールドカードでも最高5,000万円に留まるカードが多いので、最高水準の補償額であることは間違いない。

3-3. 国内旅行保険

補償内容本会員(家族)
死亡・後遺障害保険金最高1億円(家族1,000万円)
入院保険金日額5,000円(家族2,500円)
通院保険金日額5,000円(家族2,500円)

国内旅行保険も最高1億円が用意されている。

こちらも補償額は超高額であり、補償額が高いカードでも「海外最高1億円」の「国内最高5,000万円」となっているカードが多い。

海外と国内の両方に対して最高1億円は、クレジットカードのプラチナクラスと同じだ。

3-4. プラチナ特典

サービス名内容
LoungeKey(ラウンジキー)世界1,000ヶ所の空港ラウンジが年3回無料
Boingo Wi-Fi無料で利用できる
接待日和全国200店舗を対象に2名以上の予約で1名無料

ミライノデビットPLATINUM(Master Card)は、上記3つが注目しておきたい特典。

特に「LoungeKey(ラウンジキー)」は年3回まで無料で使えるため、年3回ほど飛行機で旅行する人にとってはかなり嬉しい特典だ。

  • 国際線手荷物無料宅配
  • 空港クローク優待サービス
  • 海外用携帯電話レンタル優待サービス
  • 海外用Wi-Fiレンタル優待サービス
  • 国内ゴルフ予約サービス
  • 会員制ゴルフ予約サービス
  • 海外有名ゴルフコース手配サービス
  • 国内高級ホテル&高級旅館予約サービス
  • Trip.com特別優待
  • ヘリクルーズ手配サービス
  • 歌舞伎&能手配サービス
  • カーシェアリング優待
  • スポニチゴルファーズクラブの特別入会
  • ザカハラホテル&リゾートのMaster Card限定宿泊プラン
  • Tokyo Supercars優待サービス
  • ふるさと納税特別優待

その他、上記のような特典が備わっている。

「海外用Wi-Fiレンタル優待サービス」や「国際線手荷物無料宅配」など、旅行関連の特典が多いことからアクティブ派はメリットを活かしやすい。

4. Master Cardならではのメリットは?

ミライノデビット(Master Card)を作ると、「Master Cardの加盟店」でカードを使うことができる。

  • VISA:世界で最も加盟店が多い
  • Master Card:VISAと並んで国際ブランドの2強
  • JCB:日本に強いが海外は加盟店がやや不安とされている

上記のような違いがあるが、日本国内では大差がない。

海外で使うことを想定しても「VISA」を作っておけば問題ないため、ミライノデビット(Master Card)を作る主なメリットは「Master Card特典」だ。

4-1. Master Card優待特典に魅力を感じるならメリットが高い

それぞれの国際ブランドは様々な優待特典を用意している。

ボリューム的には、JCBが国内外に対して最も特典数が多い。

VISAとMaster Cardは同じようなボリュームであり、主に海外や空港系の特典が目立つ。

4-2. レアリティの高さが魅力

特典以外では、2019年4月時点においてMaster Cardブランドのデビットカードは「ミライノデビット(Master Card)」しかないため、希少価値の高さが魅力となる。

今後は他社でもMaster Cardブランドでデビットカードを作れるようになるかもしれないが、そうなるまでは他にはない存在感のデビットカードだ。

※2019年8月時点では、地方銀行のトマト銀行から「トマトMastercardデビット(還元率0.2%)」がリリースされているが、こちらはトマト銀行本支店の窓口でしか作ることができない。

本支店の窓口は岡山県にあり、岡山県に勤務先や住所を持っている方だけが対象。

その他、「東京」・「兵庫」・「大阪」・「広島」にも窓口があるが、大阪は新規口座開設を受け付けていないなど窓口ごとに可否が異なり、口座開設可能な場合もそのエリアに勤務先や住所を持っていることが条件となる。

また、インターネット専用のももたろう支店があるが、こちらではトマトMastercardデビットを発行できない。

つまり、地方銀行は原則として住まいの地域が問われるため、都市銀行やネット銀行で他にMastercardデビットが登場するまでは、年齢さえ満たせばすべての人が作れるMastercardデビットは住信SBIネット銀行のみという状況だ。

都市銀行とネット銀行は住まいの地域を問われないため、エリアに関係なく口座開設可能。

4-3. ポイント還元率が高い

スペック的にはポイント還元率の高さが最大のメリットだ。

  • ミライノデビット(Master Card):0.8%
  • ミライノデビットPLATINUM(Master Card):1.0%

常時還元率の高さと年会費から見ると、楽天シリーズ(1.0%)が最強。

それには劣るが、十分に高還元率な部類のデビットカードだ。

また、ポイントの使い道が「現金交換」と「JALマイル移行」しかないため、使いやすいのもメリット。

5. まとめ

デビットカードは引き落し口座が各銀行となるため、今回のリリースで最も歓喜するのは住信SBIネット銀行ユーザーだ。

銀行を他社に変更できない状況において、還元率の高いデビットカードを作れるようになるのはとても有難い。

「VISAデビット(0.6%)」も高還元率ではあるが、それを超えるポイント還元率でリリースされたことで新規に住信SBIネット銀行を選ぶ方も増えそうだ。

スポンサードリンク