ミライノカードMaster Cardは海外用におすすめ!国内海外の旅行保険搭載、さらに海外のポイント還元率は1.2%

ミライノカードMaster Cardは「国内海外旅行保険が最高2,000万円」や「海外ショッピングはポイント還元率1.2%」など、海外におけるメリットが高い。主に国内メインで使う場合はこれらのメリットを活かせないため、海外用のクレジットカードを探している方におすすめだ。

1. ミライノカードMaster Cardのスペック

ミライノカード Master Card
Master Card
18歳以上
(学生可能)
初年度年会費無料
(通常900円)
年10万円の利用で翌年度も無料
ポイント還元率0.6%~1.2%
海外に強い!
ミライノカードMaster Card

ミライノカードMaster Cardは「住信SBIネット銀行」と「ライフカード」の提携カード。

住信SBIネット銀行のスマプロポイント搭載、ライフカードの旅行保険搭載など、両社の魅力が1つになったクレジットカードだ。

1-1. 基本スペック

内容
名称ミライノカードMaster Card
申込条件18歳以上(高校生不可)※住信SBIネット銀行の口座開設が必要。
国際ブランドMaster Card
年会費990円(税込)
年会費無料の条件年間10万円以上の利用
家族カード3枚まで発行可能
家族カードの年会費年会費無料
ショッピング限度額30~100万円
支払方法1回払、2回払、ボーナス払、リボ払、分割払
リボ手数料15.0%
分割手数料12.2%~14.9%
キャッシング利率100万円未満は18.0%、100万円以上は15.0%
再発行手数料1,100円(税込)
Apple Pay利用可能
ライフカードiD利用可能
ショッピングガード保険年間50万円
国内旅行保険最高2,000万円
海外旅行保険最高2,000万円
カード会員保障制度盗難紛失に対して届け日から60日前にさかのぼってそれ以降を補償

ミライノデビットMaster Cardを申し込むにあたり、「住信SBIネット銀行の口座開設が必要」という点は抑えておこう。

銀行系クレジットカードでもその銀行の口座開設が必要かどうかは各社によるが、ミライノデビットMaster Cardは住信SBIネット銀行の口座開設が必要だ。

もし、住信SBIネット銀行の口座を開設したくないという方は、「ミライノカードJCB」を選ぼう。

1-2. 分割払い

分割払いは実質年率12.2%~14.9%だが、100円あたりの手数料は上記のとおり。

支払方法や手数料は住信SBIネット銀行ではなくライフカードで確認可能。

1-3. 国内旅行保険

保険の種類本会員家族
死亡・後遺障害最高2,000万円最高1,000万円
入院保険日額3,000円日額1,500円
手術保険入院中に受けた手術は入院保険日額の10倍、それ以外は5倍入院中に受けた手術は入院保険日額の10倍、それ以外は5倍
通院保険日額2,000円日額1,000円

国内旅行保険は利用付帯。

各保険は家族にも適用される。

1-4. 海外旅行保険

保険の種類本会員家族
死亡・後遺障害最高2,000万円最高1,000万円
治療費用最高200万円最高100万円
賠償責任最高1,000万円最高500万円
救援者費用等最高100万円最高50万円

海外旅行保険も利用付帯だ。

こちらも家族にも適用されるので、家族で海外旅行へ出かけるときも安心。

2. ポイント還元率

ミライノカードMaster Cardは「スマプロポイント」が搭載されている。

ちなみにミライノカードJCBは「ミライノポイント」が搭載されており、ポイントの交換先は同じなのだがポイント還元率が異なる。

ミライノカードMaster Cardは国内0.6%の海外1.2%、ミライノカードJCBは国内海外1.0%。

2-1. スマプロポイント

内容
ポイントプログラム名スマプロポイント
ポイント付与国内は利用額の0.6%、海外は利用額の1.2%
ポイント還元率国内は0.6%、海外は1.2%
ポイント交換現金交換、JALマイル
1PTの価値現金交換は1PT=1円(1円)、JALマイルは100PT=40円(0.4円)
ポイント有効期限ポイント付与月の翌々年度3月末

スマプロポイントは住信SBIネット銀行のポイントプログラムで、ミライノカードMaster Cardを利用して貯めるだけではなく、「給与振込」など住信SBIネット銀行の利用でもポイントを貯めることができる。

そのため、ミライノカードMaster Cardを作るにあたって住信SBIネット銀行の口座を開設しなければならないが、特にデメリットがあるわけでもなく、むしろメリットだ。

2-2. 海外はポイント2倍

ミライノカードMaster Cardのポイント還元率は、国内は0.6%の海外は1.2%。

国内は月末の利用額に対して0.6%でポイントが付与され、海外は月末の利用額に対して1.2%でポイントが付与される。

海外はポイント還元率が2倍になるので、国内メインよりも海外メインで使うほうがお得だ。

2-3. ポイント交換は現金交換がおすすめ

スマプロポイントは「現金交換」と「JALマイル」のどちらかに交換できる。

  • 現金交換:1PT=1円
  • JALマイル:100PT=40円

交換レートは現金交換の「1PT=1円」のほうがお得で、JALマイルは1マイルを1円とすると「1PT=0.4円」。

ミライノカードMaster Cardのポイント付与は「○○円で○○PT」というシステムではなく利用額に対して0.6%か1.2%で付与されるが、国内0.6%は「1,000円で6PT付与」の海外1.2%は「1,000円で12PT付与」という計算になる。

で、還元率の「0.6%」と「1.2%」という数字はスマプロポイントが「1PT=1円」の場合の還元率なので、もしJALマイルにポイントを使うなら「国内は0.24%」の「海外は0.48%」と還元率が下がるので注意しよう。

3. Master Cardの特典

ミライノカードMaster Cardは「住信SBIネット銀行の特典」と「ライフカードの特典」は特にない。

しかし、「Master Cardプロモーション」にある特典は利用できる。

全体的にボリュームは少なく時期によっても内容が違うのが難点だが、旅行等の際に一応はチェックしておくとお得な特典を見つけられることもある。

4. 海外用としてはメリットが大きい

ミライノカードMaster Cardは海外用として使う場合にメリットが大きい。

ポイント還元率だけを見ても、国内は0.6%なのに対して海外は2倍の1.2%もある。

4-1. 海外用ではコスパが優秀

ミライノカードMaster Cardは初年度年会費が無料、さらに年間10万円以上の利用で次年度の年会費も無料。

つまり、実質年会費無料だ。

  • 海外のポイント還元率が1.2%
  • 海外旅行保険が最高2,000万円
  • Master CardはVISAと並んで世界の加盟店数が多い

実質年会費無料で「ポイント還元率1.2%」の「海外旅行保険最高2,000万円」なので、コスパは十分に良いのではなかろうか。

国内利用も「ポイント還元率0.6%」の「国内旅行保険最高2,000万円」と優秀だが、ポイント還元率0.6%なら他のカードを検討したくなる。

特に同シリーズにミライノカードJCBの還元率1.0%があるので、国内メインはそちらの方がお得。

4-2. 家族カードの年会費が無料

その他、ミライノカードMaster Cardのメリットとして家族カードを無料で持てることも抑えておこう。

家族カードは1会員に付き3枚まで発行できるが、枚数に関係なく家族カードの年会費は無料だ。

また、ミライノカードMaster Cardの旅行保険は家族カードの発行に関係なく家族にも利用付帯で適用できるため、旅行保険を目的に家族カードを発行する必要はない。

5. まとめ

ミライノカードMaster Cardは海外に強いスペックになっているため、海外用のクレジットカードを検討している方におすすめだ。

実質年会費無料でポイント還元率が高く、しかも旅行保険も充実。

住信SBIネット銀行で口座開設しなければならないため、すでに同銀行のユーザーで海外用のクレジットカードを検討しているなら最適候補だ。

スポンサードリンク