【MUFG】三菱UFJ-JCBデビットのメリットとポイント還元率

三菱UFJ-JCBデビットは2020年9月2日の改定でポイントプログラムがOkiDokiポイントからキャッシュバックに変更となり、これによって還元率が0.2%固定になってしまった。以前は0.3~0.5%は見込めたため、ややメリットが下がった印象だ。

1. 三菱UFJ-JCBデビットのスペック

三菱UFJ-JCBデビット
三菱東京UFJデビットカード
JCB
15歳以上
(中学生不可)
年会費無料
ポイント還元率0.2%
(2020年9月1日までの入会は従来どおりに0.3~0.5%のOkiDokiポイント)
三菱東京UFJ銀行

三菱UFJ-JCBデビットは改定によってポイントプログラムが改定されたため、2020年9月1日以降に申し込むかたはポイントプログラムがキャッシュバックとなる。

ポイント還元率は0.2%固定で、上がることがなければ下がることもない。

2020年9月1日以前に申し込んだかたはJCBのOkiDokiポイントがそのまま適用継続となっており、従来どおりにポイント還元率は0.3~0.5%だ。

MUFGのオフィシャルサイトの「OkiDokiポイントプログラム特典」にも記載されているので、2020年9月1日以前から三菱UFJ-JCBデビットを持っているかたはチェックしておくといいだろう。

1-1. 商品内容

商品名三菱UFJ-JCBデビット
申込条件15歳以上(中学生不可)
国際ブランドJCB
年会費無料
利用限度額国内海外ショッピングは0~1,000万円、海外ATMは0~300万円
海外ATM手数料1回110円(税込)
為替レートJCBが定める為替レートに3.05%を上乗せしたレートで円換算
ポイントプログラムキャッシュバック
ポイント付与利用額の0.2%
ポイント還元率0.2%
ショッピング保険(海外のみ)年間100万円(1事故あたりの自己負担額は10,000円)
不正利用補償最大500万円
国内旅行保険最大3,000万円
海外旅行保険最大3,000万円

三菱UFJ-JCBデビットは国内旅行保険と海外旅行保険が搭載されているため、ここが1つの注目点だ。

現状、年会費無料で旅行保険が搭載されているデビットカードはかなり少ないので、旅行保険を目的にデビットカードを作りたいかたにとっては非常にメリットが大きい。

ショッピング保険も搭載されているが、こちらは海外のお買い物だけが対象だ。

1-2. 優待特典

三菱UFJ-JCBデビットはJCBが提供する優待特典を使うことができる。

オフィシャルの「JCB優待ガイド」と「JCBのサービス」で探せるので、カードを使う際などにチェックしてみよう。

2. 三菱UFJ-JCBデビットのメリット

三菱UFJ-JCBデビットの主なメリットを見ていこう。

2-1. 年会費無料

三菱UFJ-JCBデビットは初年度も2年目以降も無条件で年会費無料。

コスト0円で運用できることから付帯機能や特典などのメリットを感じやすい。

2-2. 旅行保険が使える

海外旅行保険国内旅行保険
【死亡・後遺障害】最大3,000万円【死亡・後遺障害】最大3,000万円
【傷害・疾病治療】最大100万円
【賠償責任】最大2,000万円
【携行品の損害】1旅行最大20万円、年間100万円(自己負担額3,000円/1事故あたり)
【救援者費用】最大100万円

三菱UFJ-JCBデビットの旅行保険は、国内も海外も最大3,000万円で付帯されている。

三菱UFJ-JCBデビットで旅行代金を支払うことで適用されるため、航空券など旅行に関する何かしらの料金を三菱UFJ-JCBデビットで支払うようにしよう。

各担保項目の金額や適用条件など、内容はクレジットカードでよくある旅行保険と変わらないため、十分に魅力的だと思う。

2-3. キャッシュバックが便利

三菱UFJ-JCBデビットのキャッシュバックは、毎月の1日から末日までの利用額の0.2%分の金額が翌月の25日に自動的に決済口座へ入金される。

ポイント交換は不要だし、ポイントの有効期限を気にする必要もない。

3. まとめ

正直、2020年9月1日以前のスペックに比べると、やっぱりOkiDokiポイントからキャッシュバックに変更されたことによるポイント還元率の低下が残念だ。

MUFGにはVISAデビットもあるが、そちらと還元率を合わせるために改定されたものと思われる。

ただし、改定によって還元率が同じになったとはいえ、三菱UFJ-VISAデビットには旅行保険がないため、この点から考えると旅行保険のある三菱UFJ-JCBデビットを選ぶ人が多そうだ。

スポンサードリンク