【セブン銀行】セブン銀行デビット付きキャッシュカードのメリットまとめ

2019年7月16日にセブン銀行デビット付きキャッシュカードのポイント還元率が1.5%から1.0%に変更された。今までに比べてセブン&アイグループにおける還元率が下がったが、それでもコンビニ系のデビットカードの中では最強であり、メリットは大いにある。

1. セブン銀行デビット付きキャッシュカードの種類

セブン銀行デビット付きキャッシュカードは「セブン銀行キャッシュカード」+「JCBデビットカード」が一体となったカードで、以下の2種類のタイプを選べる。

  • nanaco一体型
  • nanaco紐付型

どちらを選んでもカード機能やスペックは同じだ。

1-1. nanaco一体型

nanaco一体型は、以下の機能がすべて搭載されている。

  • セブン銀行キャッシュカード
  • JCBデビットカード
  • 電子マネーnanaco

別として電子マネーnanacoを用意する必要がないので、基本的にこのタイプでいいと思う。

獲得したポイントはセブン銀行デビット付きキャッシュカードに搭載されている電子マネーnanacoに付与される。

1-2. nanaco紐付型

nanaco紐付型は電子マネーnanacoの機能が付いていない。

  • セブン銀行キャッシュカード
  • JCBデビットカード

このタイプは別としてnanacoカードを用意する必要があるので、すでにnanacoカードを持っているかたにおすすめだ。

獲得したポイントは紐付けしたnanacoカードに付与される。

nanacoカードはセーラームーンデザインなどさまざまなデザインが過去にリリースされているが、そういった愛着のあるnanacoカードを持っている人は紐付型のほうが選びやすいと思う。

2. セブン銀行デビット付きキャッシュカードのスペック

セブン銀行デビット付きキャッシュカード
JCB
16歳以上
年会費無料
ポイント還元率0.5%~1.0%
セブン銀行

ほかのJCBデビットカードはOkiDokiポイントが搭載されているタイプが多いが、セブン銀行デビット付きキャッシュカードはnanacoポイントが搭載されている。

ここが一番の魅力で、日頃からセブン&アイグループを利用するかたにとって相性のいいデビットカードだ。

2-1. 商品内容

商品名セブン銀行 デビット付きキャッシュカード
申込条件16歳以上
国際ブランドJCB
カード機能セブン銀行キャッシュカード機能、デビットカード機能(キャッシュカード一体型)
カードタイプnanaco一体型 or nanaco紐付型
年会費無料
新規発行手数料無料
再発行手数料無料(盗難紛失の場合は税込1,100円)
為替レートJCBが定める為替レートに3.0%を上乗せしたレートで円換算
海外ATM手数料1回110円(税込)
利用限度額国内海外ショッピングは0~200万円、海外ATMは0~200万円
ポイントプログラムnanacoポイント
1ポイントの価値1PT=1円
ポイント付与利用額の0.5%(セブン&アイグループは1.0%)
ポイント還元率0.5%(セブン&アイグループは1.0%)
ポイント有効期限最大2年(当年4月1日から翌年3月末日までに加算されたポイントは、翌々年の3月31日まで)
カード有効期限7年
不正利用補償上限500万円

申し込みは16歳以上、高校生も無審査で発行可能。

旅行保険やショッピング保険は付いておらず、保険系は盗難紛失補償が最大500万円で付帯しているのみ。

そのため、スペックの注目は自然とポイント還元率になってくると思う。

2-2. JCB優待特典

セブン銀行デビット付きキャッシュカードはJCBブランドなので、JCBが提供している優待特典を利用できる。

オフィシャルサイトの「JCB優待ガイド」と「JCBのサービス」で詳細を確認できるので、カードを利用する際などにチェックしておこう。

2-3. nanacoポイント改定まとめ

2019年7月16日にセブン銀行デビット付きキャッシュカードのポイント改定がおこなわれたが、その内容は以下のとおり。

  • セブンイレブン:200円で3PT→200円で2PT(1.5%→1.0%)
  • デニーズとファミールとポッポ:200円で2PT→200円で1PT(1.0%→0.5%)
  • そごうと西武:変更なし、200円で2PT(1.0%)
  • セブンネットショッピング:変更なし、200円で2PT(1.0%)
  • その他JCB加盟店:変更なし、200円で1PT(0.5%)

ごっそりと還元率を減らされたわけでもなく、一部のセブン&アイグループでポイントの獲得が減った程度。

しかしながら、セブンイレブンにおける還元率が1.5%から1.0%になったのは残念だ。

3. セブン銀行デビット付きキャッシュカードのメリット

以前に比べてセブン銀行デビット付きキャッシュカードのポイント還元率が下がってしまったものの、それでもまだまだ実用性を加味してメリットは十分にあるデビットカードだ。

主な3つのメリットを見ていこう。

3-1. コスパがいい

セブン銀行デビット付きキャッシュカードは、年会費無料かつポイント還元率が常時0.5%。

ほかのデビットカードはこのコスパ以下のものも多いため、とくに地方銀行のデビットカードと比較するとこのスペックだけでもメリットを感じる。

3-2. セブン&アイグループでお得

セブン銀行デビット付きキャッシュカードは、セブンイレブンをはじめとしたセブン&アイグループでポイントをお得に獲得できる。

街中のあらゆるところで見かけるセブンイレブンでも利用額の1.0%でポイントを獲得することができるので、よくセブンイレブンで買い物するなら相性のいいデビットカードだ。

3-3. コンビニ系のデビットカードでは唯一の存在

大手のコンビニといえば、セブンイレブン以外にローソンとファミリーマートがある。

今のところ、ローソン銀行からはデビットカードがリリースされておらず、ファミリーマートで最強だったファミデビは新規申込が停止中で、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)のオフィシャルサイトでも再開に関する情報は出ていない。

このような現状なため、コンビニ系のデビットカードとしてはセブン銀行デビット付きキャッシュカードは唯一の存在だ。

4. まとめ

セブン銀行デビット付きキャッシュカードは常時0.5%の還元率でnanacoポイントを貯めることができ、さらにセブン&アイグループでは最大1.0%まで還元率を高められるのが魅力だ。

セブンイレブンでも1.0%のポイント還元率なので、他社のコンビニよりもセブンイレブンのほうがよく利用するというかたにはとくにおすすめなデビットカード。

スポンサードリンク