スルガ銀行デビットカードでおすすめの種類は?

スルガ銀行はネット支店から多くのデビットカードがリリースされているが、還元率で選ぶなら「リクルートポイント付VISAデビット」が一番おすすめだ。これ以外の種類はネット支店に口座を開設するメリットがない限り、スペックからは特におすすめする理由が見つからない。

1. スルガ銀行デビットカードの特徴

スルガ銀行は地方銀行なのだが、ネット支店を多数持っていることから地域を問わずにデビットカードを作れる特徴がある。

  • ANA支店
  • リクルート支店
  • Tポイント支店
  • ドリームダイレクト支店
  • OCN支店
  • Dバンク支店
  • (Dバンク支店)dポイントクラブ応援バンク
  • (Dバンク支店)ALSOK CLUB
  • (Dバンク支店)Gポイントクラブ
  • ✖ダイレクトワン支店
  • ✖ゆうちょ専用支店
  • ✖イービジネスダイレクト支店
  • ✖ソネット支店
  • ✖ハウジングローン支店

上記はスルガ銀行のネット支店一覧だが、✖印の支店はデビットカードがない。

2.スルガ銀行デビットカードの種類

スルガ銀行デビットカードは各支店からそれぞれのデビットカードを作れるため、

「街中支店1種」+「ネット支店9種」

から、細かく種類を分けると合計で10種類がある。

2-1. SURUGA Visaデビットカード

SURUGA Visaデビットカード
SURUGA Visaデビットカード
VISA
15歳以上
(中学生不可)
年会費無料
ポイント還元率0.2%
スルガ銀行

こちらが「街中支店」のスルガ銀行デビットカードで、正式名称はSURUGA Visaデビットカード。

  • ショッピング保険:年間30万円
  • 利用額の0.2%をキャッシュバック

ポイント還元率が低いため、ネット支店のデビットカードの方が魅力的である。

2-2. 種類一覧

引用元:スルガ銀行

スルガ銀行では上記のように「ネット支店」のデビットカードが紹介されているが、以下の4種以外は口座開設の年齢制限が異なるだけで「街中支店」のSURUGA Visaデビットカードと還元率や付帯保険は同じだ。

  • ダイレクトワン支店
  • ANA支店
  • リクルート支店
  • Tポイント支店

上記の中でダイレクトワン支店のデビットカードはかなり特殊なので、これを除外するとスルガ銀行のデビットカードは4種しかない。

2-2-1. ダイレクトワン支店

ダイレクトワン支店のデビットカードは利用額に応じて「ドリームジャンボ宝くじ」が進呈される。

その条件は「10枚/100万円」という厳しい条件であるため、ポイントを貯められるデビットカードではないことからも口座開設のほうが妙味を感じやすい。

2-2-2. OCN支店

OCN支店のデビットカードは「街中支店」のスルガ銀行デビットカードと同じであり、口座利用の各種サービスにメリットがある。

2-2-3. Dバンク支店

Dバンク支店のデビットカードは「街中支店」のスルガ銀行デビットカードと同じ。

また、公式サイトに記載のない「World Cabit」と「Travel Cash」というデビットカードもあるのだが、ポイント還元率や特典など全スペックはSURUGA Visaデビットカードと同じだ。

2-2-4. dポイントクラブ応援バンク

こちらはDバンク支店のdポイントクラブ応援バンクというサービス種になっており、以下に紹介するサービスも同様。

デビットカードのスペックは「街中支店」と同じだが、この支店で口座開設すると様々なサービスからdポイントを貯められるメリットがある。

2-2-5. Gポイントクラブ

Gポイントクラブのデビットカードは「街中支店」のスルガ銀行デビットカードと同じ。

2-2-6. ALSOK CLUB

ALSOK CLUBのデビットカードは「街中支店」のスルガ銀行デビットカードと同じ。

3. スルガ銀行デビットカードのスペック

スルガ銀行デビットカードは「街中支店」と「ネット支店3種」の計4種がある。

  • スルガ銀行デビットカード(SURUGA Visaデビットカード)
  • リクルートポイント付VISAデビット
  • デビットTカードスルガバンク
  • ANA Financial Pass

それぞれのスペックを比較してみよう。

3-1. SURUGA Visaデビットカード

SURUGA Visaデビットカード
SURUGA Visaデビットカード
VISA
15歳以上
(中学生不可)
年会費無料
ポイント還元率0.2%
スルガ銀行

スルガ銀行デビットカードはとにかく還元率が低い。

  • ショッピング保険:年間30万円
  • 利用額の0.2%をキャッシュバック

同スペックのネット支店を検討する場合も口座開設にメリットがあるかどうかで判断しよう。

3-2. リクルートポイント付VISAデビット

リクルートポイント付VISAデビット
リクルートポイント付VISAデビット
VISA
15歳以上
(中学生不可)
年会費無料
ポイント還元率0.8%
スルガ銀行リクルート支店

スルガ銀行デビットカードは、こちらのリクルート付VISAデビットが一番おすすめだ。

  • ショッピング保険:年間30万円
  • 利用額に対して0.8%の還元率
  • 1ポイントは1円の価値

0.8%の水準はデビットカードの中でも高い部類であり、スルガ銀行デビットカードの中では最強の還元率だ。

3-3. デビットTカードスルガバンク

デビットTカードスルガバンク
デビットTカードスルガバンク
VISA
15歳以上
(中学生不可)
年会費無料
ポイント還元率0.5%
スルガ銀行Tポイント支店

デビットTカードスルガバンクはTポイントを貯めることができ、還元率も悪くはない。

  • ショッピング保険:年間30万円
  • 200円ごとに1ポイント
  • 1ポイントは1円の価値

ただし、デビット界には「ファミマTデビット」という強カードがあるので、どうしてもスルガ銀行のTポイント支店に口座を持ちたいという場合でない限りは優先順位は低くなる。

3-4. ANA Fincial Pass

ANA Financial Passデビット
ANA Financial Passデビット
VISA
15歳以上
(中学生不可)
年会費無料
ポイント還元率0.2~0.4%
スルガ銀行ANA支店

こちらは付帯保険が最大の魅力だ。

  • 国内旅行保険:最高1,000万円
  • 海外旅行保険:最高1,000万円
  • ショッピング保険:年間30万円
  • キャッシュバックは0.2%
  • マイルは100万円以上で3,000マイル、200万円以上で8,000マイル

ポイントは「キャッシュバック」か「マイル」を選ぶことができ、キャッシュバックはスルガ銀行デビットカードと同じで0.2%だ。

マイルは年間利用額が100万円以下なら0マイル、100万円以上なら3,000マイル、200万円以上なら4,000マイルがもらえる。

最も還元率が高くなるのは「マイル選択」→「200万円使う」というケースであり、この場合は0.4%の還元率となる。

4. リクルート支店のデビットカードがおすすめ

スルガ銀行デビットカードは種類がややこしいが、特に口座を開設したい支店がないのであればリクルート支店を選ぼう。

リクルートポイント付VISAデビットは還元率が高いという分かりやすいメリットがあるので、他のスルガ銀行デビットカードを選ぶよりは魅力を感じやすい。

スポンサードリンク