【栃木銀行】とちぎんJCBデビットのメリットとポイント還元率!ゴールドよりも一般がおすすめ

栃木銀行のデビットカードは「とちぎんJCBデビット(一般カード)」と「とちぎんJCBデビットゴールド」の2種類。どちらもポイント還元率は0.3%~0.5%で共通なため、空港ラウンジ特典や高額な旅行保険が欲しい場合を除けば一般カードがおすすめだ。

1. とちぎんJCBデビット

とちぎんJCBデビット
JCB
15歳以上
(中学生不可)
初年度年会費無料
(通常、税込1,100円)
ポイント還元率0.3%~0.5%
栃木銀行

2019年の秋に栃木銀行からブランドデビットがリリースされ、「とちぎんJCBデビット(一般カード)」と「とちぎんJCBデビットゴールド」の2種類がある。

まずは一般カードから見ていこう。

1-1. 基本スペック

内容
商品名とちぎんJCBデビット
申込対象者栃木銀行に普通預金口座を持っている15歳以上、中学生は除く
家族カードの対象者本会員と生計をともにする15歳以上の配偶者や親や子、中学生は除く
国際ブランドJCB
年会費初年度無料、2年目以降は1,000円(税別)
年会費無料の条件①年間10万円以上のカード利用②携帯電話の決済③23歳以下
家族カードの年会費初年度無料、2年目以降は400円(税別)
ポイントプログラム名OkiDokiポイント
1PTの価値約0.3円から0.5円
ポイント還元率0.3%~0.5%
国内ショッピング限度額0~200万円で設定可能
海外ショッピング限度額0~200万円で設定可能
海外現地通貨引き出し0~10万円で設定可能
海外手数料JCBが定める基準レートに4.6%を加算した手数料
海外ATM手数料1回100円(税別)
電子マネーGoogle Pay(QUICPayとして利用可能)
Apple Pay利用可能
ショッピングガード保険(海外)年間100万円
国内旅行保険最高3,000万円(利用付帯)
海外旅行保険最高3,000万円(利用付帯)

メリットとして注目しておきたいのは、一般カードでも国内旅行保険と海外旅行保険が搭載されている点。

これは全デビットカードの中でも稀な部類なので、旅行保険を目的に作るのも大いにアリ。

その他、とちぎんJCBデビットは2年目以降の年会費が条件次第で無料となるため、これもメリットとして考慮しておこう。

1-2. 国内旅行保険

担保項目補償額
傷害死亡・後遺障害最高3,000万円

とちぎんJCBデビットの国内旅行保険は利用付帯。

補償内容は「傷害死亡・後遺障害」の1種類のみで、補償額は最高3,000万円。

1-3. 海外旅行保険

担保項目補償額
傷害死亡・後遺障害最高3,000万円
傷害治療費用100万円
疾病治療費用100万円
賠償責任2,000万円
携行品損害1旅行につき20万円
救援者費用100万円

海外旅行保険も利用付帯。

補償内容はカード保険のスタンダードな内容になっており、年会費無料でこの補償額なら十分に魅力的だ。

2. とちぎんJCBデビットゴールド

とちぎんJCBデビットゴールド
JCB
20歳以上
(学生不可)
年会費11,000円(税込)
ポイント還元率0.3%~0.5%
栃木銀行

とちぎんJCBデビットゴールドは、一般カードに比べて以下のようなメリットがある。

  • 国内主要空港の空港ラウンジ
  • 高額保険
  • JCBのゴールド特典

JCBカードは優待特典やポイントUPなど様々なサービスがあり、それらのサービスをゴールド会員として受けられる。

全サービスをフル活用すれば年会費の元はしっかり回収できるが、ポイント還元率は一般カードと同じく常時0.3%~0.5%に留まる。

2-1. 基本スペック

内容
商品名とちぎんJCBデビットゴールド
申込対象者栃木銀行に普通預金口座を持っている20歳以上、学生は除く
家族カードの対象者本会員と生計をともにする15歳以上の配偶者や親や子、中学生は除く
国際ブランドJCB
年会費10,000円(税別)
家族カードの年会費1人目は無料、2人目以降は1,000円(税別)
ポイントプログラム名OkiDokiポイント
1PTの価値約0.3円~0.5円
ポイント還元率0.3%~0.5%
国内ショッピング限度額0~200万円で設定可能
海外ショッピング限度額0~200万円で設定可能
現地通貨引き出し0~10万円で設定可能
海外手数料JCBが定める基準レートに4.6%を加算した手数料
海外ATM手数料1回100円(税別)
電子マネーGoogle Pay(QUICPayとして利用可能)
Apple Pay利用可能
ショッピングガード保険(海外)年間500万円
国内旅行保険最高5,000万円(自動付帯)
海外旅行保険最高1億円(5,000万円まで自動付帯)
航空機遅延保険2万円~4万円
空港ラウンジ国内主要空港とハワイホノルル空港

基本スペックで注目しておきたいのは空港ラウンジだ。

国内主要空港とハワイホノルル空港で利用可能なため、対象空港を利用する際に活用しよう。

その他、保険の補償額が高額なことが一般カードに勝るメリットだ。

2-2. 国内旅行保険

担保項目補償額
傷害死亡・後遺障害最高5,000万円
入院費用日額5,000円
通院費用日額2,000円

とちぎんJCBデビットゴールドの国内旅行保険は自動付帯。

入院費用や通院費用も補償される。

2-3. 海外旅行保険

担保項目補償額
傷害死亡・後遺障害最高1億円(5,000万円は自動付帯)
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任最高1億円
携行品損害1旅行につき50万円
救援者費用400万円

海外旅行保険も自動付帯で、「傷害死亡・後遺障害」だけは5,000万円まで自動付帯。

  • 乗継遅延費用保険金:2万円
  • 出航遅延費用等保険金:2万円
  • 寄託手荷物遅延費用保険金:2万円
  • 寄託手荷物紛失費用保険金:4万円

その他、国内外を問わず、飛行機の遅延や手荷物の紛失などに対しても、上記4種類の「航空機遅延保険」が付いているのもメリットだ。

3. 迷うなら一般カードがおすすめ

申込年齢からして、20歳以下の学生さんは一般カードの「とちぎんJCBデビット」一択だ。

20歳以上の社会人のかたは「とちぎんJCBデビットゴールド」という選択もあるが、年会費11,000円(税込)はデビットカードにしては高く感じやすい。

JCBブランドにこだわりがあるなら「JCBオリジナルシリーズ(クレジットカード)」でインビテーションからブラックカードを目指すのも魅力的。

年会費も変わらないため、個人的にはクレジットカードのほうがメリットが高いように思う。

3-1. 一般カードはコスパが良い

現状、ミライノデビットや楽天銀行デビットカードといったネット銀行のデビットカードがポイント還元率の高さから圧倒的に人気だが、その中で地方銀行としてポイント還元率0.3%~0.5%をキープしながら旅行保険も対応できるのは大きなメリット。

高還元率デビットの多くは旅行保険がない。

ポイント還元率を重視するならネット銀行でデビットカードを作るのがおすすめだが、旅行保険も欲しいなら選択肢が少ない中でとちぎんJCBデビットは良い候補となる。

4. まとめ

栃木銀行を利用しているかたにとっては、ついにブランドデビットがリリースされたのは嬉しい状況だ。

特に利用したい銀行があるわけではない場合、デビットカードの選択肢は都市銀行やネット銀行などかなり多い。

いろんなカードを比較しながら検討してみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク