【リボとは?】クレジットカードリボ払いの仕組みと手数料計算

リボ払いとは

リボ払いとは「毎月の支払額を選択でき、毎月の支払額を一定額にできる」という仕組みの支払方法だ。クレジットカードの支払方法やキャッシングに導入されており、キャッシュレス化が進むに連れて目にする機会も増えてくるので、リボ払いの仕組みや手数料計算をしっかりと覚えておきたい。

1. リボ払いとは?

リボ払いは「リボルビング払い」の略語であり、クレジットカードやキャッシングの支払方法として導入されている。

クレジットカードにおいては、リボ払いは以下の2つがある。

  • ショッピング枠:支払方法の1種としてリボ払いがある
  • キャッシング枠:リボ払いのみ

ショッピング枠は分割払いなどの支払方法がある1種としてリボ払いがある。

キャッシング枠はリボ払いしかなく、一括払いをする場合も「リボ払いの一括払い」という分類になる。

2. リボ払いの仕組み

リボ払いの仕組みは、分割払いやボーナス払いとは異なる内容だ。

  • 月々の返済額を選べる
  • 月々の返済額を統一できる
  • 手数料は実質年率から計算
  • 手数料の計算は日割計算や月利計算

上記はリボ払いの仕組みとして基本となる部分なので、しっかりと覚えておこう。

2-1. 月々の返済額を選べる

クレジットカードは分割払いやボーナス払いなどにおいて、毎月の返済額を自由に決めることができない。しかし、リボ払いは用意された選択肢の中から返済額を選ぶことができる。

殆どのリボ払いは元金の残高に応じて選べる返済額が決まっているため、基本的に高額を利用するほど返済額も高額となる。

例えば、「月々2,000円コース」というのがあり、これを選べば毎月の返済額は2,000円となる。他の支払方法では「月々の支払額を選択する」という仕組みがなく、分割払いに関しては「分割回数」によって月々の支払額が決まる。

2-2. 月々の返済額を統一できる

リボ払いは毎月の返済額を選ぶことができ、それをずっと継続することができる仕組みだ。

また、収入が増えるなどして返済に余裕が出ると、途中でいつでも返済額を変更することもできる。もちろん、途中で一括完済することも可能だ。

例えば、「月々2,000円コース」というのがあってそれを選ぶと、元金が増えるなど状況に変化がない限りは完済までずっと毎月2,000円の返済ができる。他の支払方法では「月々の支払額を一定額に統一する」という仕組みがない。

2-3. 手数料は実質年率から計算

リボ払いの手数料は分割払いやボーナス払いと同じく実質年率から計算する。しかし、他の支払方法とは異なり手数料の計算方法に違いがある。

リボ払いの実質年率は、クレジットカードのショッピング枠は15%前後から18%が多く見られ、銀行カードローンや消費者金融キャッシングも同様の水準が多い。

大抵は上限金利が18%になっているが、これは総量規制において10万円から100万円の融資における上限でもある。クレジットカードはショッピング枠は割賦販売法が適用され総量規制対象外、キャッシング枠は貸金業法が適用され総量規制の対象だ。

2-4. 手数料の計算は日割計算や月利計算

リボ払いの手数料は日割計算や月利計算だ。

日割計算は

「利用額」×「実質年率」÷「365日」×「利用日数」

だ。

月利計算は

「利用額」×「実質年率」÷「12ヶ月」

だ。

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の双方において、上記のどちらで計算してもリボ払いの手数料に大きな誤差はでない。

また、リボ払いは「元利定額」や「元金定額」など返済方式が多数あるが、どの返済方式であろうと日割計算で手数料を算出できる。

1円の誤差もでないようにリボ払いの手数料を計算したいならカード会社へ問い合わせをして、「締め日と支払日」や「返済方式」などすべての詳細を把握しておく必要がある。

3. リボ専用カードとは?

関連情報としてリボ専用カードについても紹介しておく。

リボ専用カードはクレジットカードの1種だ。

通常、クレジットカードは以下の支払方法を選ぶことができる。

  • 一括払い:手数料無料
  • 分割払い:回数を指定できる
  • リボ払い:月々の返済額を指定できる
  • ボーナス払い:数ヶ月先が支払日

リボ専用カードは基本的にリボ払いしか選ぶことができず、最初から支払方法がリボ払いに設定されている。

カードによって仕組みは多少異なるが、基本的にリボ払いをするための専用カードという認識を持っておこう。

3-1. リボ専用カードはどんな人向け?

リボ払いは目先の資金繰りが厳しい方に向いている支払方法だが、リボ専用カードはそれに特化していることが特徴だ。

カードによっても違いがあるが、リボ専用カードは通常のクレジットカードリボ払いに比べて「ポイント2倍」などの特典が備わっているケースが多い。

つまり、どちらにしてもリボ払いを利用するのであれば、通常のクレジットカードでリボ払いをするよりもリボ専用カードを使う方が多少はお得というわけだ。

まとめ

クレジットカードのリボ払いはお金が厳しい状況において便利だが、間違っても「一括払いできるのにリボ払いをする」という失敗をしないように仕組みを理解しておこう。

リボ払いは仕組みや手数料計算などを一通り把握しておかなければ、他の支払方法との違いが分かりにくい。

初めてクレジットカードを作る方やキャッシングの借入をする方は、特にリボ払いを網羅しておくことが大切だ。

スポンサードリンク